<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

THE CASTLE ~domo戦記外伝3

シナリオAARの投稿
User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.07(Tue) 20:52

【18ターン】

「司令部は何といってきた?」

残り29名のレンジャー部隊の指揮を任されたグレイブス大尉は無線手に確認を入れた。
後退か、それとも突撃か

どちらにしても自分で決断を下すわけにはいかない。
司令部からの指示を仰がなければならなかった。

「大尉、作戦続行です」

「そうか」

見捨てられたのかと大尉は一瞬思った。
だが・・
ここで諦めるわけにはいかない。
あのオマハビーチでも常に困難と闘い克服してきたのがレンジャー部隊だった。

「よし、いくぞ!」


幸いなことにまだ1名も死傷者を出していない10名の分隊が一つだけあった。
パターソン軍曹の分隊だ。

「パターソン軍曹、頼むぞ!」

「イエスサー」

再び突撃が始まった。
前ターンでVHを3個確保している。
そのVHはまだそのままだが、ドイツ軍は近くにいるだろう。

パターソン軍曹がVHに近づいた。
やはりいる!
しかしまだ攻撃はしない。

敵がこちらに気付いていないからだ。
続いて兄を失ったテリー弟の部隊が前進する。
ドイツ兵が2部隊いる。

しかしどれも攻撃してこない。
これを見てレンジャー部隊の爆薬が一斉に城内のあちこちで炸裂した。
すごい轟音だ。

この爆薬ではドイツ兵は後退しても生きてはいるまい。

奇跡的にも1名の死傷者も出さずにレンジャー部隊はこのターン前進することができた。

もう一息だ。
残りVHはあと3つのままである。
Last edited by domo on 2008.Oct.08(Wed) 01:07, edited 1 time in total.

domo2
二等兵
二等兵
Posts: 15
Joined: 2008.Sep.15(Mon) 03:01
Location: domo’s画像投稿専用部隊

Post by domo2 » 2008.Oct.07(Tue) 21:12

レンジャー部隊の後退命令は出なかった。
そのため再び突撃が開始された
Attachments
00297.jpg
00297.jpg (28.75 KiB) Viewed 4874 times

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.07(Tue) 22:04

2匹の虎のうち1匹は先ほど仕留めたが、もう1匹はまだ生きている。

「こいつを殺るぞ」

第3中隊の駅舎近辺にいる虎はうまい具合に樹木に体を隠している。

ブライアン軍曹のM4A1シャーマン戦車は歩兵を伴ってこの虎を狙えるかどうか虎視眈々とその時を待っていた。

虎との距離はわずか5、6へクスしかない。
だが砲煙で虎からはこちらが見えていない。

増援部隊の歩兵が先に前進する。

彼らは窮地に陥った第3中隊の救援に行かなくてはならなかった。
砲煙の中を出た途端、敵の猛射撃を受けた。
駅舎後方のVHのある建物とその付近にはまだ敵の部隊がいることは間違いなかった。

だが!

そのことよりも
歩兵たちはその場所から虎の姿が見えることに驚いた。

すぐさまシャーマン戦車にそのことを教える。

ブライアン戦車長はようやくこの時が来るのを待ち構えていた。

戦車を前進させた。
いた!
200m前方だ!
しかも後部側面をこちらに見せているではないか!

虎の砲塔がゆっくりとこちらに向かって旋回している。

「砲手!急げ!」

虎の砲身からピカッと閃光が光った。
だがほとんど同時にこちらも主砲をぶっ放していた。

「GUWAAAAN」
「DOGAAAAN」


シャーマンの戦車の76mm砲がタイガー戦車の装甲を貫いた。

虎はすぐさま爆破炎上した。

ブライアン軍曹が2匹目の虎を仕留めた。

これで戦場から虎は姿を消したのであった。

domo2
二等兵
二等兵
Posts: 15
Joined: 2008.Sep.15(Mon) 03:01
Location: domo’s画像投稿専用部隊

Post by domo2 » 2008.Oct.07(Tue) 22:09

シャーマン戦車対タイガー戦車の荒野の決闘はシャーマン戦車に軍配があがった。


本日大量書き込み、前のページも見てね
Attachments
00298.jpg
00298.jpg (16.73 KiB) Viewed 4868 times

JMA
上等兵
上等兵
Posts: 60
Joined: 2008.Mar.29(Sat) 09:24
Location:

Post by JMA » 2008.Oct.08(Wed) 09:32

現在HPは84くらいですかね。
短い映像だと少ししか回復しなくて…
戦車戦ですか。ロングレンジ戦闘も良いものですよね(戦車戦だと後退する際に車体後部を敵にさらしてしまうのがSPWAWの弱点なのだが)

虎を仕留め、レンジャーは損害を出さず、良い戦果ですね :wink:
なにより虎を狩ったのが大手柄です。そのシャーマンの戦車長は勲章もんですよ
ソ連に好かれているのかな

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.08(Wed) 11:06

【ドイツ軍の18ターン】

「よくやった!ブライアン、今夜はおごりだ」

「へへへ、そうこな・・・ZUZUZUZU」

「ブライアンどうした?ブライアン応答しろ!」

無線が切れた。
いやな予感だ。

そのあとすぐに報告が入る。
ブライアン軍曹の乗るシャーマン戦車が擲弾兵のパンツァーファーストにより撃破されたと。

「Damn it!!」

擲弾兵が見つかり歩兵の猛射撃が浴びせられる。
だがそこへ今度はあのパンター戦車が姿を現した。

このパンター戦車は第3中隊の兵士なら誰もが見覚えがあった。
戦闘序盤に片方の相棒をスチュアートにやられたこの豹は、それ以降ずっと第3中隊を付け回しながら脅かしている。

「くそう、またあいつだ」

もうこのパンターにどれぐらい見方がやられているのだろうか
機甲歩兵たちにパンターの75mm砲が容赦なく3発、4発と発射した。

「後退!急げ」


機甲歩兵2分隊が後退し、戦車を撃破されたブライアン軍曹も後退した。


やられたらやり返す、殴られたら殴り返す
すさまじい打ち合いはどちらに軍配があがるのか!!

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.08(Wed) 22:50

《米軍司令部内》

「少佐、報告来ました」

「はいはい」

「レンジャー部隊がドイツ軍の反撃に遭い8名失い21名になったそうです」

レンジャー部隊はまた1分隊を失っただけでなくVHまでも一つ奪われてしまった。

「これはやばいな」

「先ほどからそう申しております」

「我が軍の残り戦車は何両だ?」

「シャーマン戦車が4両です」

先ほど1台失ったので残りが4両になった。

司令部の作戦参謀もどうやらこの戦闘が大詰めを迎えたと判断しているようだ。

もしレンジャー部隊が城のVHの確保に失敗したならば、そのときは残りの戦車とハーフトラックで正面から敵陣突破を図るという案まで出されていた。

だがそうするには村にあるVHを11個まず確保しておかなければならない。
19ターン直前で7個を確保しているのであと4個だ。

「これをまずなんとかせねば」

「リチャード大尉に無線をつないでくれ」

少佐はいよいよ最後の切り札を使うことにした。

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.09(Thu) 08:12

「大尉!司令部から緊急入電です!」

司令部の少佐からである。
リチャード大尉は面倒くさそうに応対した。
domo戦記を毎日欠かさずお読みの読者の方なら覚えているだろう。
このリチャード大尉は増援部隊の中隊長であり、戦線後方でポーカーをやりながら待機していた部隊である。

そのリチャード大尉に司令部からの命令が下された。

「これはいいタイミングだ」

リチャード大尉はそういって喜んだ。
ポーカーで負けがこんでいたからだ。

このリチャード大尉と共に待機中の部隊は、機械化歩兵(これまで機甲歩兵と書いてましたが機械化歩兵とします)2個分隊、それにバズーカ隊、50cal隊がいる。

「ようし出発だ!ぐずぐずするな!」

だらだらと歩兵たちがハーフトラックに乗り込む。

「準備オッケーです。ところでどこに行くのですか?」

隊員たちは大尉に行き先を尋ねた。

大尉は地図を出してその場所を指差した。

「ここだ」

大尉は村の西の外れにある建物が目標であることを述べた。
現在、いる場所は第3中隊の後方なのでここからは正反対の方向である。
かなり距離があるので移動力のあるハーフトラックでも一気には行くことはできない。

「さあドライブ出発だ」
Last edited by domo on 2008.Oct.09(Thu) 08:58, edited 1 time in total.

domo2
二等兵
二等兵
Posts: 15
Joined: 2008.Sep.15(Mon) 03:01
Location: domo’s画像投稿専用部隊

Post by domo2 » 2008.Oct.09(Thu) 08:16

ようやくリチャード大尉に命令が下された。
この建物は本来、第1中隊が目標としたものだ。
(詳しくは266図にあるR2ルートの建物のこと)
Attachments
00299.jpg
00299.jpg (9.07 KiB) Viewed 4773 times

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.09(Thu) 08:42

米軍が勝利するには城のVHはともかく、村にある15個のVHのうち11個を確保せねばならない。

現在、19ターンが始まる段階で7個であるので、あと4個が必要である。

作戦参謀らはこの残り8個のVHのうちどれを攻めるかを検討した。

まず先ほど奪われた駅舎のVHは第3中隊がどんなことをしても奪う。
これで8個。
しかしこの駅舎の先にある2つのVHに関しては無理はできないと判断している。
ここにはパンター戦車がまだいるし、ドイツ軍も残りのVHは奪われまいと部隊を配置しているだろう。
だがそれ以前に第3中隊には新たなVHを確保しにいく十分な兵力もない。


次に第2中隊は今、眼前にしている2つのVHをなんとしても確保してもらおう。
ドイツ軍にとっても村の中枢のこのVHを奪われることは敗北を意味するため、まだ激しい抵抗が続けられているが、最後の力をみせてもらいたい。
これで10個だ。

そして最後がリチャード大尉の目指す西の外れにある建物だ。
ドイツ軍がここにはいないだろうと見ての賭けである。
なので賭博好きなリチャード大尉にはうってつけの任務だ。
たとえ敵がいたとしてもリチャード君なら命と引き換えにやってくれるだろう。
これで11個だ。

この11個のVHを確保といけばいいが、たとえ村のVHを確保したとしても城のVHを確保できなければこれまでの努力も水の泡になる。
しかし正直、レンジャー部隊はもう持たないだろう、いやそうと誰も考えたくはないが、万が一彼らが全滅した場合のときのことを考えておかねばならない。

その場合はやはり・・・

いやそれ以上のことは君達に話す必要はなかろう。

そんなことよりゲームをしたまえ

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.10(Fri) 10:14

もう一度最終確認をしておこう

中隊長以下残り30名となった第1中隊は教会と墓地から一歩も動けないでいる。
だがこの残り少ない中隊を脅かしていたドイツ軍部隊はもはや攻撃してこない。
これは引きあげたとみて間違いないだろう。
なので一部の消耗の激しい部隊はここに残し、元気な部隊は教会前方にあるVHへと向かわせる。
(このVHは第2中隊の目標物である)


第2中隊は昨日書いたとおりあと2つのVHを目指す。
もうほとんどの分隊の兵員が4、5名となっている。
そのため敵の攻撃を浴びれば一発で壊滅してしまうだろう。
だがここには3台のシャーマン戦車がまだ頑張っていた。
もう各車のHE弾が残り少なくなってきたがドイツ軍の拠点を吹き飛ばしてくれることだろう。


第3中隊の後方にいた部隊も駅舎で仲間と合流し全部で40名まで集まった。
これで準備が整った。
あとは先ほど獲られた駅舎のVHを確保しに突撃命令を出すだけだ。


そして増援部隊のリチャード大尉もハーフトラックに乗車しそのままの西外れにある建物に直行した。
戦線の後方を通過し、第1中隊がいる教会の墓地の横まで来た。
そしてそれまで墓地でドイツ軍の突破を警戒していたシャーマン戦車1台がこの援軍部隊に加わることになった。
力強い味方だ。

最後にレンジャー部隊。
もう21名、3分隊、1バズーカ隊しかいない。
だが何をするべきか彼らはわかっていた。


さあ、これで最後の突撃が敢行される。

いよいよ「domo戦記最終章」の始まりだ。


(皆様、最後は一気にケリをつけるつもりです。是非ご期待ください)

(連日の株価暴落でもう生きてる心地もしていないのではないでしょうか。そのせいかここをご覧になっている方も心なしか減ったような気がします。まあ元気だしていきましょうや・・)

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.11(Sat) 02:32

〈米軍司令部〉

司令部では逐次入ってくる戦況に誰もが固唾を呑みながら情報を収拾した。

「少佐、第3中隊が駅舎の攻防で戦果をあげたそうです」

「おお」

駅舎内の攻防でドイツ軍の2個分隊を撃破したのだ。

「第3中隊、駅舎のVH確保に成功しました」

「よし」

周りから歓声が上がった。

これで8個目をゲットした。
残すは3個だ。

第3中隊がもたらした勝利で司令部が沸きかえった。
これに続きたい。

「少佐、第2中隊のシャーマン戦車がパンター戦車を撃破したそうです」

「何!」

またしても吉報が飛び込んできた。

「第2中隊、VHを一つ確保!!」

「まじか」

第2中隊がやってくれた。
作戦参謀らもこれには胸をなでおろした。

9個目もゲットしあと2つだ。

「この調子ならば何とかいけそうですね」

「ならいいがな」


「少佐、レンジャー部隊からです」

「どうした!」

突然、部屋の空気が張り詰めた。

「テリー弟軍曹の部隊がやられた模様です」

「Shit!!」

これまでに8つの敵をやっつけた英雄テリー弟の部隊が城内に残っていた残存兵の攻撃で壊滅した。
これでレンジャーは総員17名となった。
(2分隊と1バズーカ隊、このバズーカ隊は1名しかいないのになぜかここまで生き延びている)
しかもこの17名も味方の迫撃砲弾により抑圧が上がってしまって身動きがとれない。

「くそぅ・・・ここまでか」
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:01, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.12(Sun) 01:20

「少佐、レンジャー部隊からです」

「ど、どうした!?」

少佐はまたやられたのかと思い覚悟を決めた。

「それが抑圧から立ち直りVHを2つ奪取したそうです」

「何!」

その立役者はわずか1名しかいないバズーカ隊の隊員であった。
名前など知らない。
誰もやつの名前を聞いたこともなかった。
その名もなき兵士がバズーカ砲と弾薬を一人でかつぎながら敵陣に走っていった。
そして城の中央まで行きVHを確保したのだ。
だが敵の攻撃はない。
いや見つからなかっただけかもしれない。
(実際、1名だと発見されにくいということもある)

その勇気ある行動に他の部隊も続いた。
これでVHは6個中4個を確保した。


一方、リチャード大尉の増援部隊は西のはずれの建物への攻撃を開始した。
屋敷のような大きな建物の手前の木陰で歩兵は降車した。

「行くか」

「BARIBAIRBARI」

やはり建物の中から擲弾兵が撃ってきた。

数名が銃弾に倒れる。
応戦するが敵も手ごわく死傷者が増えるばかりだ。

すかさずシャーマン戦車を呼ぶ。
パンツァーファーストを撃たれる可能性もあったが臨機切れなのだろう撃ってこない。

戦車から主砲が建物に向かって放たれた。
擲弾兵たちは慌てて後退していった。

「よし、建物に侵入するぞ」


残り2つのうち一つは時間の問題となった。

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.Oct.12(Sun) 11:00

〈レンジャー部隊内〉

「あのバズーカ隊員は?どこに行った?」

一人になったバズーカ隊員のあとを追ってパターソン軍曹の分隊も前進したが前方のバズーカ隊員を見失ってしまった。

「どこかにいるはずだ、よく探せ!」

城内の瓦礫に身を隠しているにちがいない。
しかし敵も潜んでいる可能性があるため物音を立てるわけにはいかない。

「軍曹、前方に人影です!」

誰だかはっきりわからない。
だが確かに誰かいる

と、そのときだった。

「プシュー」

目の前でいきなり火炎が噴出したのだ。

「!!!」

ドイツ軍の火炎放射器だった。
その火炎でバズーカ隊員は炎に包まれ戦死した。

「くそう!!」

「隊長!右からドイツ兵です」


全てが一瞬の出来事だった。
数メートルしか離れていない距離から手榴弾が投げ込まれた。


「DOOOOM」

「うわぁぁ」


後退する隙もなかった。
パターソン軍曹の分隊はそのまま壊滅した。

そして最後の分隊となったグリーブス大尉にもドイツ軍は襲い掛かる。
後方からMG42が崖を上がって挟み撃ちにしようとしていた。

そのMG42が最後のレンジャー部隊の兵士の体に穴を開ける。

後退
また後退

命からがら生き残った5名の隊員は城の外の林に逃げ込んだ。


城のVHが一つドイツ軍のものになり現在は3個となっているがレンジャー部隊は壊滅も同然の状態になってしまった。


21ターンに入った。
果たして米軍に勝利はあるのだろうか・・

domo2
二等兵
二等兵
Posts: 15
Joined: 2008.Sep.15(Mon) 03:01
Location: domo’s画像投稿専用部隊

Post by domo2 » 2008.Oct.12(Sun) 12:39

レンジャー部隊壊滅!!
激震が米軍司令部を襲った。

どうなるこのあとの展開は!
ついにプレイ継続不可能か!!

それともドイツ軍に投降してしまうのか

事態は冗談抜きに深刻になってきた

丸印は後退して生き残っている5名
Attachments
00318.jpg
00318.jpg (26.92 KiB) Viewed 4633 times

Post Reply