<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

BUDAPEST 1945 ~domo戦記外伝2

シナリオAARの投稿
JMA
上等兵
上等兵
Posts: 60
Joined: 2008.Mar.29(Sat) 09:24
Location:

連休はSPWAW日和

Post by JMA » 2008.May.06(Tue) 22:55

連休はお出かけしておりました・・・
もしかしたら高校生活で最後かなぁ
受験という嫌な単語が来年あるし :sad:

軍事法則は国家機密なのかもしれませんよw
なぜかランチェスターと攻勢3倍法則以外あまりネットで見つからない。
戦術における基本概念とかはあるでしょうが。
それは本を読んだほうが早そうだ・・・(クラウゼヴィッツの戦争論とか
大モルトケとかハインツ・グーデリアンなんかについて調べるのも面白いかもしれない。

映像ですかぁ・・・映像・・・
最近はニコニコ動画でSilentHunterのリプレイとかしか見てないですねぇ
そういえば「山猫は眠らない」をみて全軍スナイパーにして全滅、百発百中のスナイパーに改造してやっと遊べたのは良い?思い出です。一番問題なのはスナイパーでは勝利ヘックスを獲得できないことなんですよねw

あ、「すっぽん」さん?(あれはHNだったかしら)のCGなんかすごいですよ。
もっともあれはレシプロの3DCG映像なんですが^^;
↓すっぽんさんのHP
http://www.k4.dion.ne.jp/~suppon/
ニコニコにすっぽんさんの作った映像が上がってました
珊瑚海海戦
http://www.nicovideo.jp/watch/sm611785
台南航空隊戦記
http://www.nicovideo.jp/watch/sm611870

陸軍物は何か見つけたら紹介してみます。
ソ連に好かれているのかな

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

そよ風とSPWAWはなぜかよく似合う

Post by domo » 2008.May.07(Wed) 15:48

6ターンまでのドイツ軍の損害状況

総兵士数:333名(増援部隊は含まず)
死傷者数:130名(全体の39%)

壊滅した部隊
MG42隊×5、パンツァーシュレッケ隊×1、パンツァーファースト100隊×2、ライフル兵分隊×2、SSライフル兵分隊×2

放棄している部隊
Ⅳ号戦車、88㎜対戦車砲

死傷者の数はこのターン130名となったが、これは前回が116名なのでわずか14名にとどまったことになる。これは極めて少ない被害であったと判断している。
理由はやはり抑圧があがった部隊の抑圧が下がったことにより、敵に対して臨機射撃での反撃ができたことで敵の攻撃を受ける前にこちらが敵を壊滅できたこと、それと部隊を速やかに移動させたことで敵の反撃を食い止められたことであろう。

まあ言ってみればこんなターンもある、というだけのことだが・・

そして120㎜迫撃砲がついに復活してくれよった。
これによりある程度の反撃が期待できる。


しかし刻々と戦況は進展していく。

新たな危機が訪れた。
先ほども書いたが2台の戦車が工場内に侵入してきたのだ。

1台はT34/85
もう1台はSU-152

先ほどの臨機射撃で歩兵部隊が攻撃したが、撃破できなかった。

この化け物突撃砲には以前痛い目に遭わされている。
(domo戦記7のことです)
そのSU-152をなんとかしなければならない。
しかし下手に攻撃しミスったら、逆に152㎜砲をぶっ放される。

それが恐い。

恐ろしく恐い。

なんせ周りの部隊が一瞬にして消えるのだ

どうしようか迷う

再び戦記休載に追い込まれた・・・



JMAさん、どうもありがとうございます。
いやはやいろいろお勉強されておられるようで頭が下がる思いです。
それ以降、例のご病気の方は大丈夫ですか
それでもどうしてもspwawがやりたくなるようでしたら、是非人気のなさそうなキャンペーンなどをやってみるといいかもしれません。
はい、そうすればすぐに見るのもいやになることでしょう。
Attachments
00254-1.jpg
工場内に侵入してきたSU-152とその隣のT34/85
00254-1.jpg (14.55 KiB) Viewed 4794 times
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:30, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.09(Fri) 00:53

JMAさんの紹介していただいた動画見ました。

す、すげええええ

なにあれ!

実写みたいじゃん!!

おもろい!

以上!!

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.09(Fri) 15:23

《ドイツ軍の7ターン》

戦闘はようやく中盤を迎える。
一体いつ終わるのだろうか・・
このペースでいくと確実に夏になってしまう雰囲気だ。
だがそれもよかろう
夏か・・・
(今年は沖縄にいくことになっている)


我が軍の兵士の士気は一向に落ちていない。
ものすごい粘りをみせているのだ。

南では線路まで突撃してきたT34/85に対してパンター戦車の75mm砲が4発撃つも、角度が悪くどれも命中するが撃破できなかった。
だが主砲を数発も喰らっていれば反撃はしてこないだろう。
最後は歩兵が落ち着いて近接強襲で撃破した。

そしてヘレンドCから侵入してきた敵の歩兵部隊に対しては120㎜迫撃砲が水平射撃を試みる。
これがすごい威力を発揮した。
周りにいる敵の3つの部隊もろとも吹き飛ばしたのだ。
たまらず逃げ惑う敵歩兵。
しかし迫撃砲は4回の射撃回数があった。
敵歩兵は右に左に右往左往しながら逃げたので絶好の射撃の的になった。

さああとは工場に侵入した例のSU-152とT34/85だ
ここで移動可能になったあのミッテルベルグ中尉のパンターを動かすことにした。
パンターは工場に隣接する道路を移動するのだが、どこに敵歩兵がいるかわからない。
そのためにまず歩兵で敵を探らせた。

「いた!」

やはり撃ってきた。

マキシム機関銃が道路上に陣取っている。
その後方にも歩兵がいる。
先ほどの歩兵部隊3名がやられた。
これではパンターを近づけることができない。
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:30, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.10(Sat) 00:10

砲煙により視界がほとんど利かないのだ。
そのため例え視界が利いていたとしても、この煙の中に敵の部隊は潜んでいる可能性が非常に高いのでパンターは近づけなかった。

と、そのときだ。

工場内で爆発音が響いた。
わずか9名の歩兵分隊がT34に対して攻撃を仕掛けた音だった。

T34の周りには敵の歩兵分隊がいた。
だがかまわずT34を狙った。
パンツァーファーストが工場内で爆発し、歩兵が退却していく。

だが戦車に見つかった。

T34の85㎜砲がぶっ放される。

「ZUDOOOON」

「うわわわぁ」

恐れていたことだった。
9名いた分隊がどこかにいってしまった。

それを見ていたスタムフ軍曹率いるライフル分隊が決死の攻撃を敢行した。
SU-152に対して強襲攻撃をしたのだ。

手榴弾を持った兵士が戦車に近づいた。
SU-152は砲塔を持たない突撃砲戦車であるため、きわめて視界が悪い。

突撃砲の死角に入った。

「いくぞ!」
兵士が手で合図をした。

「DOOOOOM」
手榴弾が燃料タンクに引火したのだろうか。
SU-152は爆発した。

「やった!!」

兵士が笑顔で引き返してきた。
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:31, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

雨の日はSPWAWするっきゃないっしょ

Post by domo » 2008.May.11(Sun) 01:48

《ソ連軍の7ターン》

SU-152は撃破に成功した。
だがもう1台のT34/85はまだ生きていた。

そのT34の目の前にはパンツァーシュレッケをかついだファブリーズ少尉と5名になったライフル分隊がいた。
だがファブリーズ少尉のパンツァーシュレッケはすでに全弾撃ちつくしてしまっており、前線から後退してきたのであった。

T34がのそのそと車体の向きを変えている。
そして我々に気付いたのか動き出した。

今、反撃できるのは5名のライフル隊しかいない。
しかも彼らはパンツァーファーストを携帯していない部隊であった。
その代用として対戦車地雷、付着成型炸裂3HL(Haft Hohladung granate)があった。
こいつの破壊力はすさまじいが戦車に接近し、戦車の車体に磁石のようにくっつけなければならない。
パンツァーファーストができる前は擲弾兵の常套武器であったが、大戦後期には使われなくなっていた。
(しかし終戦まで実際は生産され使われた)

「なにしてる!そんなに死にたいか!!」

この分隊は分隊長を失い分隊の士気は著しく低下していた。
そこにファブリーズ少尉がこの分隊の兵士に激を飛ばしたのだ。

すぐさま兵士は我にかえった。

「援護しろ!!」

一人が地雷を抱え戦車に飛び込んでいく。
それを残りのものが援護した。

T34にたどり着いた。
そして地雷をくっつけ信管を抜いた。

「DOOOOM」

T34が爆発した。

これで全ての戦車をやっつけた。
残る敵の攻撃も撃退に成功した。


我々は持ちこたえることができたのだろうか・・

JMA
上等兵
上等兵
Posts: 60
Joined: 2008.Mar.29(Sat) 09:24
Location:

忙しくてSPWAW失調気味

Post by JMA » 2008.May.11(Sun) 15:50

紹介した動画、気に入っていただけたようでなによりです^^

戦車全部破壊しましたか!あと一息(かな?)だ〜!
そのまま押し返せ! PDT_Armataz_01_36

自分は人気がある(であろう)ステージでも防衛線はテンションが下がる傾向にあって・・・。苦手なんですよね〜防衛。
ソ連に好かれているのかな

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.12(Mon) 18:51

7ターンまでのドイツ軍の損害状況

総兵士数:333名(増援部隊は含まず)
死傷者数:150名(全体の45%)

壊滅した部隊
MG42隊×5、パンツァーシュレッケ隊×1、パンツァーファースト100隊×2、ライフル兵分隊×2、SSライフル兵分隊×4、88㎜対戦車砲×1

放棄した部隊
Ⅳ号戦車


ついに死傷者が150名に達した。このターンだけで20名もでたことになる。
そんなにやられた感がなかったが、120㎜迫撃砲の砲撃を喰らって少しづつ削られていくのもいたい。50%を超えるのも時間の問題だろう。
だが放棄状態だった88㎜対戦車砲の砲兵が再び配置についてくれた。
これで放棄しているのはⅣ号戦車のみとなった。

先ほど登場したSU-152の攻撃を一度も受けることなく撃破できたのは精神的にも非常に助かった。
ここまでは我々の兵士たちは本当によくやっていると思う。
あれだけの敵の戦力にも臆することなく立ち向かい、そのほとんどを撃退しているのだ。

だがファブリーズ中尉のパンツァーシュレッケ隊もそうだが、懸念されているのは対戦車用武器の残弾がなくなってきていることだ。

手榴弾は豊富に携帯しているが手榴弾で近接強襲を成功させるのは残念ながらあまり期待できない。

まあそれも今後、敵の戦車が攻めてこなければいいだけの話ではあるが・・・

このターン、敵の姿も見えなくなったこともあり、傷ついた兵士を工場内の中央にある部屋に運びそこで応急手当が施されている。

増えるのは負傷した兵士ばかりだ。
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:32, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.15(Thu) 00:21

《ドイツ軍の8ターン》

「間に合ったか!」

工場中央には地下通路があり、そこは我々の最後の脱出路になっていたが、そこから増援の部隊がやってきた。

と言ってもたった2名のパンツァーシュレッケ隊であった。
すでに弾切れになっていたファブリーズ中尉は彼らを歓迎した。

それはそうだろう。
わざわざ死路を歩いてきてくれたのだから。

ファブリーズ中尉は戦闘経過を手短に説明した。

工場の左の8つのVHのうち3つがソ連軍のものになっていた。
残りの5つはまだドイツ軍のものであったが、ここを守る部隊がすでにいくつか壊滅しており、これをどうするかが緊急の課題でもあった。

ドイツ軍が守っている5つのVHのうち南にある3つは大丈夫であるが真ん中の2つが危うかった。
ここをどの部隊で補充するかが問題なのである。

こんな状況ではソ連軍のものになった3つのVHを取りにいくことは到底難しい。
どころかまだ敵は工場内にいることも考えられる。


だが戦闘が始まりようやくひと段落がついた。
兵士たちもこれで一息入れられるだろう。


私もここらで一息入れることにしよう。
赤ワインをグラスに注ぎ、グビグビと飲み干した。

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.15(Thu) 09:43

8ターンまでのドイツ軍の損害状況

総兵士数:335名
死傷者数:151名(全体の45%)

壊滅した部隊
MG42隊×6、パンツァーシュレッケ隊×1、パンツァーファースト100隊×2、ライフル兵分隊×2、SSライフル兵分隊×4、88㎜対戦車砲×1

放棄した部隊
Ⅳ号戦車


敵の攻撃はあったがいくつかの歩兵の突撃があったのみであり、軽く退けた。
そのためこちらの損害はわずか1名!(MG42隊は壊滅したが)
これは確かにうれしいことだ。
このまま戦闘が終了してくれたらと思うが・・
だが南のへクスの端で新手の部隊が確認された。
短機関銃を持った歩兵部隊でありまだ戦車の確認はされていないが、これがソ連軍の増援であることはまちがいない。

敵も我々にどれくらいの戦力があるのかおおよそ見当はついているのだろう。

持ちこたえるしかないのだ。
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:32, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.17(Sat) 16:50

《ドイツ軍9ターン》

「おい、あれを見ろよ」
西を守るパンター戦車の戦車長がそれに気付いたのは1台の装甲車だった。

紛れもないドイツ軍の装甲車だ。

「援軍のようです」
「ならば歓迎せんとな」

パンターの戦車長、オルツェン上級曹長は周りを見渡し敵がいるかどうか確認した。
だが敵の姿はない。

今なら工場に近づける。
オルツェンは装甲車に合図を送った。

装甲車は援軍としてハンガリー軍の兵士を乗せている。
増援部隊が血路を開いて到着したのだ。

すでに半数近くの死傷者をだし、どの部隊も傷ついている。
だがこれを見た我々の兵士の士気はあがることだろう。

「よし!もう一息だ!頑張れ!」
俺は自分にそう言いきかせるようにつぶやいた。
装甲車は88㎜砲の横まで来てそこで歩兵を降ろした。

一方、この隙にⅣ号戦車を放棄していた戦車兵たちは自分たちの戦車に再び乗車しようとしていた。
もし再乗車ができれば我々の防御力は格段のちがいを見せることになる。

危険なことはわかっていた。
だが戦車を失った乗員たちがspwawという戦場で活躍できることはほとんどない。

そんなことは彼ら自身が一番よくわかっていた。
「どうせ司令部のやつら俺たちを偵察がわりに使うんだろう」

そんなやつらを引き留めることはできなかった。
危険を侵してまで戦車に近づいた。
だが敵歩兵部隊を発見した。

「やばいな」
自分たちの小火器では撃ち負ける。
そこに後方から6名のライフル隊がやってきた。
そして敵歩兵を撃退した。

「早く!今のうちに戦車に乗り込め!」
Attachments
00255-1.jpg
今回はハンガリーの主力戦車「40/43M Zrinyi」を紹介しよう。ズリニィ戦車はチェコ製で主砲は105
00255-1.jpg (4.59 KiB) Viewed 4535 times
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:33, edited 2 times in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.18(Sun) 07:40

《ソ連軍の9ターン》

やはりつかの間の休息であったようだ。
再びソ連軍は120㎜迫撃砲の砲撃を始めた。

それは工場の西、88㎜対戦車砲と75mm対戦車砲に降り注いだ。
重低音な着弾音がヘッドホンから鼓膜に突き刺さるように響く。
それは工場内の兵士の悲鳴にも聞こえた。

ようやく砲撃が止むと今度は満を期して歩兵が突撃してきた。

先ほどの残りの部隊であろうか。
我々も反撃に転じる。
だがちょっとした隙ができると瞬く間にこちらの部隊がやられる。
これまで粘り強く守ってきたヘレンドの隊長シュネイデル少尉が負傷、後退した。


そして敵歩兵はパンター戦車にも忍び寄った。
道路上で敵を警戒していたミッテルベルグ中尉のパンター戦車が突然、敵歩兵の近接攻撃を受けた。

「どこから現れたんだ!」

気がついたときには既に機関銃やら手榴弾が投げ込まれた。
こうなると戦車は弱い
そしてこれが戦車の弱点でもあるのだ。

「戦車が敵歩兵に!」

工場から歩兵がそれを見つけすぐさま攻撃しパンター戦車は難を逃れた。
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:33, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2008.May.19(Mon) 08:24

9ターンまでのドイツ軍の損害状況

総兵士数:348(+13名は増援部隊)
死傷者数:162(47%)

壊滅した部隊
MG42隊×6、パンツァーシュレッケ隊×1、パンツァーファースト100隊×2、ライフル兵分隊×2、SSライフル兵分隊×5、88㎜対戦車砲×1

放棄した部隊
Ⅳ号戦車、88㎜対戦車砲、75mm対戦車砲

到着した増援部隊は装甲車(SPW 251/1C)の乗員が3名、ハンガリー歩兵分隊が10名の合計13名。前回の死傷者が150名なので、このターンの死傷者は12名となった。
しかし死傷者よりも大きなダメージが88㎜と75mmの2門の砲が迫撃砲弾を浴び、共に放棄状態に陥ったことだ。
幸い砲兵隊員には死傷者は出ていないが、抑圧がものすごいことになってしまっている。
これでは当分、元の状態に復帰することはできないであろう。
88㎜はともかく、75mmはこれまで敵の突撃を散々食い止めてきただけに痛い。

だがもう起きてしまったことをああだこうだと言っても仕方がない。

現状を現実として受け止めていくしかない

といっているうちにパンツァーシュレッケを持った2名の隊員が地下通路を通って駆けつけてくれた。
ありがたい
顔を見るとまだ若い兵士だ
励ましの言葉もかけないまま戦闘配置につかせてしまった。

先ほどの砲撃が与えたダメージが予想以上にでかい。
工場の西の部隊はもう抑圧が下がらない。

こうなるとあとは敵が来ないのを祈るだけだ
Last edited by domo on 2009.Aug.13(Thu) 23:34, edited 1 time in total.

JMA
上等兵
上等兵
Posts: 60
Joined: 2008.Mar.29(Sat) 09:24
Location:

サクランボ一皿を左手にSPWAWを右手でプレイ

Post by JMA » 2008.May.19(Mon) 11:29

さすがに損害がかなりの数になってきましたが…敵の損害はそれ以上でしょう! :pirat

小さな映像見つけてきました。戦闘中の映像はなかなかないですねー、広報にならないからなんだろうけど :sad:
part1
http://jp.youtube.com/watch?v=dDio2UaVd80
part2
http://jp.youtube.com/watch?v=P0M-vmJZUiQ&NR=1
いずれもnewsreel。訳せばニュース映画?プロパガンダ映像ってことだろうか。
part2でブダペストだドナウ川だバラトン湖だ、とか言ってます…w
あとはこれ
http://jp.youtube.com/watch?v=9h5UZrmyzz4
独軍歩兵武装いくつかの紹介。98kライフルとか8cm迫撃砲、MG42その他。
88対空もありますがこっちは他の映像の方が良いかと。

んー、やっぱりこういうURLはReferencesに書いたほうが良いでしょうか…?
こっちに書き込むついでに書いたのだけれど(・ω・)ゞ
ソ連に好かれているのかな

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

キムチチゲとspwawはあまり関係がない

Post by domo » 2008.May.20(Tue) 22:16

JMAさーん、お久しぶりでーす

またまた動画ありがとうございます

例のブダペストの動画ですが、これは僕も見たことがあります。
1945年1月のブダペスト攻防戦に関するドイツ側の映像は、多分これだけのような気がします。
(今回の冬季迷彩にしたのもこの映像を参考にしました)
ブダペストに包囲されたハンガリー軍、ドイツ軍はほとんどが生還または退却できず、包囲網の中で捕虜になるか戦死しているのでこういう映像が残っているのは貴重なんでしょう。

映像の中にもあるように空からの物資補給をしているのもブダペスト攻防戦が始まるやソ連軍に滑走路を占拠されたからのようです

もう少し映像の詳しい資料がわかれば、多分今回戦記の舞台であるセラミック工場も映っているような気がして見るたびに「ここそうじゃないかなぁ〜」なんて見てます。


てなことで、引き続きゲームの方も頑張ってくださいよ!
JMAさん、SPWAWではあなたも立派な最前線の一兵士なんですからね!


先週、世田谷美術館に「冒険王・横尾忠則」展に行きましたが、ほんとたまげました。
横尾さんに関してはこれまでずっと自分の中では画家を超えた存在ではありましたが、今回の企画展を見ていやいやこれは人生にちょっとした衝撃を受けました。
お近くの方がいらっしゃれば是非是非、足をお運びください。

(次回巡回予定地は兵庫県立美術館(6/27ー8/24)だそうです)

Post Reply