<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

TAS #1 To Attack In Haste

シナリオAARの投稿
Post Reply
User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

TAS #1 To Attack In Haste

Post by dugong » 2007.Jul.21(Sat) 08:12

 えー、性懲りもなく何の役にもたたんAARを書こうとしているDugongです(^^ゞ。

 今回は・・・・。島風暗号解析部長が「Q&A」に開いたスレッド「セーブデータエディター」で現在開発されている、「参謀君Ver1.0(By Nor司令官)」のリリースを記念しておこなった、シナリオプレイAARでございますm(__)m。

 私、SPWAWをやり始めて1年半くらいたつんですが、未だに私は、登場ユニット数が少なく、ターン数の短いシナリオをやるのが主でございます。そりゃぁもう、開き直って告白しておきます(笑)。 :oops:
 こんな私が、何かの弾みで重厚長大シナリオをやり始めようものなら、マップ一面に所狭しとユニット(情報)が埋め尽くされているのを見ただけで腰が引け、「どうせいっちゅうんじゃい!!」と逆切れし、脳が冷や汗をかきながら「ぶしゅ〜〜うん」と思考停止してしまう。
 よーするに、「おっきいシナリオ、ボク×」だったんですね。 :porc

 しかし、心のどこかで、「この情報の海を解きほぐす為のきっかけさえあれば・・・」とも、ひそかに考えていたんですよ・・・・。

 そんなときに、Q&Aのとあるスレッドから福音が現れたんです!!
Nor wrote:“セーブデータを読み込んで、現在の状況を表示する”ツール

「なにぃっっ :shock: !!部隊情報を現実のレポートとして手にできるのかっ!!」

 ここで私は、情報を画面に表示するだけでなく、ツール製作者の想定を超えて、情報を紙でプリントアウトすることまで妄想してしまった・・・・。
 私にとってのミッシングリングが見つかった瞬間です・・・。

 プリントアウト・・・。
 確かにそれは、ローテクな行為です。が、まさにこれは、コロンブスの卵!!ゲーム画面(ディスプレイ)と部隊情報(紙)を同時に照会できるということは、私にとって簡易かつ的確な戦場の状況把握を可能にするということに他ならなかったのです。
 しかもそれだけではありません!!携帯可能な紙でさえあれば、時と場所を選ばずレポートとMAPを見て作戦立案することも可能です。暗号(笑)で書いてある書類でさえあれば、仕事の振りをしながら作戦立案できます。さらに、このレポートには、自軍の損耗率や総砲弾数、兵科構成、各ユニットのアビリティ情報(将来的には指揮命令系統まで!!)など、何ともバリューな情報が満載だぁ〜!! :cheers

 これを使わずして、何のAI相手の○ナニー・ソロプレイ道かっ(爆)!! :evil:

 ということで、「参謀君」をつかって、早速やってみました、いままで、ユニット数の多さであきらめていた重厚長大シナリオを!!
 登場ユニット数敵味方合わせて400ユニットに及ぶ、その名も・・・・、「Tigers At Sujewo」シリーズ、略して「TAS=たす??(笑)」、シナリオ#1「To Attack In Haste」!!

 では、「参謀君」の私なりの使用の仕方についてのレビューもこめながら、いつものへなちょこAARいってみよう!! PDT_Armataz_01_33

(参謀君はここでダウンロードできます(要、MS Excel)。人柱を一緒に築こう!!)

viewtopic.php?p=3080&highlight=#3080

*********************************************************

【諸元・設定】

1. V8.403 +EnhDVRN
2. (Design: Kevin "FlashfyreSP" McFerren )
3. ドイツ軍
4. 15:00 (24ターン。ブリーフィングは2〜3時間なのに・・・・・(泣))
5. ☆☆☆☆(勝利判定的に勝つという意味では・・・)
6. Preference設定 日本鋼豹司令部標準(C&C ON)

 ということで、FlashfyreSP氏が作り出す、あの東部戦線に帰ってまいりました(^^ゞ。
 そうです、かのティーガーエース カリウス少尉の再登場です。
 TANのつづきとして是非やりたいと思っていたシナリオだったのですが、一面に広がるユニットを見たとたんに急いでふたを閉めてしまった、私にとって忌まわしのあいつなんです。

 で、このシナリオの歴史的背景は、例の「ティーガー戦車隊 下巻 大日本絵画社」に詳しく、本シナリオのブリーフィングなどもその原典から抜粋でもありますので、詳しくは、そちらを参考になさっていただければと思います。
 とはいえ、簡単に状況を説明すると、このシナリオの舞台はかつてのドイツ軍防衛線の一部であり、今はソビエトに奪われた「ユーデンナーゼ(ユダヤ人の鼻)」と呼ばれた丘陵地です。この「ユーデンナーゼ(ユダヤ人の鼻)」をめぐってドイツ軍は、ソビエトに対し数回アタックをかけています。このシナリオ「To Attack In Haste(急ぎすぎた攻撃)」はその最初のアタックを扱ったものです。
 主役であるカリウスが所属する第502重戦車大隊の任務は、このソビエトに奪われた丘陵を歩兵部隊と共に奪還する事にあります。
 史実では、丘陵に張り巡らされたソビエトの掩蔽壕群に阻まれ、また急な出撃(これがシナリオタイトルの由来)であった為、歩兵部隊と戦車部隊との連絡が十分でなかったドイツ側は、結局、歩兵とティーガーが分断されてしまい、とても丘陵上の掩蔽壕を排除することなどできず、一時的にカリウスらティーガー部隊のみがユーデンナーゼに到達したが、夕刻には撤退を余儀なくされてしまったという、要するにドイツ軍が負けた戦闘です。

【参謀君、機動!!】

 ということで、早速、シナリオ開始!!まず、シナリオを選び、ドイツ側をhumanにしてスタート!!

 そして、すぐにセーブ(笑)。 :porc

 今までは、この開始直後のセーブは単にシナリオをリスタートするときの利便性のための行為でした。まぁ、PCゲームやるときの癖みたいなもんですね。
 ただし、今回はその意味がぜんぜん違う。もっと積極的な意味があるのだ!!
 そう。今、私の傍らには、切れ者として司令部内でも最近話題になっている「参謀君」が立っているのだ。

 参謀君は、早速、このセーブデータを使って私に自軍の状況を詳細にレポートしてくれた(参謀君マクロを立ち上げて、セーブしたファイルを「1.SelectSaveFile」の「...」ボタンをクリックして選ぶだけ。「3.Option」の「Show Coordinate(X,Y)」のファイルは是非チェックを。)。その報告書には、Ectizen社製最新航空測量図化機「MapThing」を使って航空測量部隊が作成した詳細な戦場図が添えられていた。参謀君は、気が利くなぁ。

 私は、提出されたレポート中の“Order Of Battle(以下、OOB)”に、すばやく小隊毎の兵科を書き込み始めた。当然、ミリタリーシンボルで、である(笑)。そのミリタリーシンボルが、なぜNATO式なのかはこの際、問わない。そんなこと、いちいちいっていたら、昔のアバロンヒルの作戦級ゲームなんかやってられないのだ! :cool:

 しかしこのレポートはいい!!本当にいい!!私の脳内で、この180を超えるユニットたちに命が吹き込まれだした。自軍のボリューム・特徴・大まかな組織構造が一目瞭然でわかるのだ。「指揮官名」もバッチリだ!!これが解ると、現場指揮官としては、おいそれと部隊を死地には追い込めなくなるらしい。これからは是非気をつけておこう。かのカリウスだけでなく、ブルムベアにはWittmanという少尉も搭乗している。例の人物と同一人物かどうかは不明だ。

 次に、ゲーム画面で各小隊の位置を大まかに確認しながら、戦場図上にミリタリーシンボルを記入する。これで、作戦図のベースとなる戦力現況図が完成だ!!もうこれだけで、いろんな作戦が頭を巡りだす。わくわくしてくる。気分はAH Afrika Korpsだ!Zocは無いのか?チャートはどこだ!? :porc

 で、ここまでの作業で・・・約30分。 :shock:

 す、す、す、す、す、凄・素晴らしい・・・・。今まででは考えられんスピードだ。しかも、情報が雪崩を打って私の脳内に飛び込んでくる!!

ということで、ここまでやって、次は作戦立案だ!!

ということで次回!!(久しぶり)
Attachments
JUDENNASE OOB.jpg
JUDENNASE OOB.jpg (23.8 KiB) Viewed 4163 times
Last edited by dugong on 2007.Jul.22(Sun) 16:19, edited 2 times in total.
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

スゴイ!

Post by Nor » 2007.Jul.21(Sat) 12:47

あからさまな参謀君販促AARありがとうございます。 :cool:

それにしても・・・OOBに兵科記号を入れ、座標情報を元にマップに書きこむとは!! :shock:
その労力を厭わない気合と、この面倒くさそうな作業をわずか30分でやってしまうという点にも驚きましたよ。 :shock: :shock: :shock:

ところでこの兵科記号、どうやって書いてるんでしょ?↓とか?
http://www.threeweb.ad.jp/~isshie/font/ ... fonts.html

ともかく、参謀君をいかに活用するかの事例として、私としても大注目でございます。参謀君があれば、こんな素晴らしい作戦立案が可能になる!という実例を期待しております(とプレッシャーを与えてみる)。 :wink:
Image

User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

作戦立案

Post by dugong » 2007.Jul.22(Sun) 15:02

【作戦立案】
 ということで戦力現況図まで出来たんですが、ここまでは「参謀君」の威力により、驚異的なスピードで整理できました。 :D  
 問題はここからです。この戦力現況図やOOB以外にも埋まっている「参謀君」情報を指揮官としてどう活かすのか?ついにひ弱な指揮官は、戦力現況図とレポートを手に電車の中で考え出した!!


★電車の中(○沢~○宿)往路(約90分):戦力現況図と格闘!!
Attachments
JUDENNASE Plan1.jpg
JUDENNASE Plan1.jpg (124.42 KiB) Viewed 4039 times
Last edited by dugong on 2007.Jul.23(Mon) 06:17, edited 6 times in total.
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

Re: スゴイ!

Post by dugong » 2007.Jul.22(Sun) 16:09

Nor閣下
(島風部長、こちらに兵科記号については書いときましたときました。m(__)m)
Nor wrote:、こんな素晴らしい作戦立案が可能になる!という実例を期待しております(とプレッシャーを与えてみる)。 :wink:
あんまり、プレッシャーかけるから、力みすぎちゃったじゃないですか(笑)!!
え、おれこんな風に考えたっけ?みたいな(爆)。

だけど、次の自分の行動可能性の考察から方針決定までが一番大変だったりするんですけどね(笑)

今から言い訳しておくと、結果は決して褒められるようなもんじゃなかったんで、立案の仕方はあんまり参考にしないでくださいと、予防線を張っておきます :cool:



あと、このOOBや作戦図は、あくまで清書ですからね(笑)。
一応、期間限定で、実際の手書きのOOBと計画図を載せときます。 :oops:
これだったら30分でOKでしょ。だけど何かいてるかわかりませんね(爆)。
まぁ清書にしたって、記号さえ出来合いのものなら、これくらいなら10分くらいで出来ますもんね。?

あと兵科記号はこちらからいただきました。

http://www.mapsymbs.com/

一応、寄付なども募っておるようですが、Freeのフォントです。NATOの記号使用マニュアルなんかもあったりしますのでかなり参考になります。ただ、使える記号としては??でNorさんの紹介していただいたフォントのほうが我々にはなじみがありそうですね。結局HQや要塞の記号は、イラストレーター上で自作でした。

ということで、次回はもうちょっと簡単に書こう・・・。
Attachments
True PLANfig.jpg
本当はこれ(爆)
True PLANfig.jpg (159.45 KiB) Viewed 4082 times
True OOB.jpg
装甲部隊が、鏡餅(笑)
True OOB.jpg (36.25 KiB) Viewed 4082 times
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

Re: スゴイ!

Post by Nor » 2007.Jul.23(Mon) 09:10

dugong wrote:あんまり、プレッシャーかけるから、力みすぎちゃったじゃないですか(笑)!!え、おれこんな風に考えたっけ?みたいな(爆)。
力みかえった地形・敵情分析ありがとうございます。 :D
いや、しかし作戦図の出来は本当に素晴らしいです。

電車の中でしかつめらしい顔で文書に見入り、慎重に書き込みこみを加える様を傍から見れば、さぞデキるビジネスマンに見えることでしょう。乱雑に書き込まれた地図なんかがチラっと見えたりすると、「コイツは・・・防衛庁関係者か??」なんて思われるかもしれません。 :cool:

意味がありそうで多分全くないクロス分析まで持ち出して、熟慮の末の結論が
結局、イワンはユーデンナーゼ&JudinoRidge丘陵に位置して、そこを動かずに防御戦で対して来る可能性が一番高いってこった(笑)。
ってのが最高です!!ええ、もちろん、「そんなことは最初っからわかってただろ!」なんてヤボな突っ込みはしませんとも(笑)。
やはり、こういうのは結果よりも過程が大事ですよね。「考える、考えてみる、考えた気になる」ってことが何より重要ですから。 :lol:
だけど、次の自分の行動可能性の考察から方針決定までが一番大変だったりするんですけどね(笑)
参謀君の情報がいきてくるのはこの部分ですね。楽しみにしてますよ〜〜
NATOの記号使用マニュアルなんかもあったりしますのでかなり参考になります。ただ、使える記号としては??でNorさんの紹介していただいたフォントのほうが我々にはなじみがありそうですね。
そうなんですよね。このフォント私も入れたことあるのですが、何しろ本格的過ぎて(つーか、本物だし)大戦期のゲームには馴染まないんですよね。

あ、そうそう。印刷したOOBには背景がつきませんよね。たぶん、背景を入れて印刷させるようにすることは可能だと思うのですが、そうした方がよいでしょうか?それとも、インク代節約のために背景なんて印刷できないでいい?ご意見お聞かせください。 :salut
Image

User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

Re: スゴイ!

Post by dugong » 2007.Jul.24(Tue) 13:10

急に仕事が入って、バタバタしてまーす(^^ゞ。
Dugongでーす。
AAR手につきませーん(笑)。
Nor wrote:ええ、もちろん、「そんなことは最初っからわかってただろ!」なんてヤボな突っ込みはしませんとも(笑)。
やはり、こういうのは結果よりも過程が大事ですよね。「考える、考えてみる、考えた気になる」ってことが何より重要ですから。 :lol:
いや、その突込みがほしかった :lol: !!せっかく、ぼけたのにぃ(ToT)。

くそまじめに教科書に書いてるようなブレーンストーミングなんかしても、凡才がやればこの程度という証左であります。
つまり、
「下手な考え、休むに似たり」
ということで〜す。 :porc
Nor wrote:あ、そうそう。印刷したOOBには背景がつきませんよね。たぶん、背景を入れて印刷させるようにすることは可能だと思うのですが、そうした方がよいでしょうか?それとも、インク代節約のために背景なんて印刷できないでいい?ご意見お聞かせください。 :salut
私の意見としては、背景は印刷できなくても良いかと思います。
自営業者にとって、インクジェットでカラーで打ち出すのは、清水の舞台からとび降りるほどの出費なのです(^^ゞ。

業務上A3が打ち出せる必要があるので、カラーレーザーは買えません :porc
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

作戦まだ練ってる(爆笑)

Post by dugong » 2007.Jul.30(Mon) 17:39

ちょっとした仕事の隙間が出来たので、プチ再開しま〜す(^^ゞ。

***********************************

★電車の中(新○~○沢)復路(約90分)

 ということで、「下手な考え休むに似たり」という状態に作戦立案は陥ったのだが、そこは、参謀君という有能な補佐を得ている愚劣指揮官は、「何とかなるやろ」と勇躍、帰りの電車に乗り込み自軍の作戦方針を考え出した。 :porc

 そもそも、この作戦の目的は「丘陵の奪還」なのだから、敵がどこを主戦場にしていようが関係なく、こちらはあらゆる障害を排除して丘陵を制圧せねばならない。考えに考えた挙句に、「丘陵上で敵は手薬煉を引いて待っているヨッ!!」という当たり前の結論が得られた以上、こちらは敵の抵抗を排除するまでだ!! :evil:

 となると、問題は、丘陵のどこにどう突っ込むか?である。

この作戦初期段階では、

 
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

Post Reply