<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

Luders at Les Loges

シナリオAARの投稿
Post Reply
User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

Luders at Les Loges

Post by dugong » 2007.Jul.03(Tue) 08:35

えー、こんにちは。
Dugongです。

前回は、Dxx氏のシナリオをやって、「あぁ、これからしばらくDxx氏のシナリオをやっていくことになるんだろうなぁ」といった感じだったんですが、ここで、いつものごとく方針転換、再びエースものシナリオをやってみました。

とはいえ、最初は、Nor閣下の

viewtopic.php?p=2967&highlight=#2967

の記事を見て、Enh.Modシナリオを大量に導入したのがきっかけで、短めのシナリオを探して、あるシナリオを、とにかくあまりブリーフィングを見ずにやり始めたところ、「なんじゃこりゃぁ!!」 :shock: といった極貧戦力だったので、あわててブリーフィングを読み返してみたんです。したら、どうもエース級シナリオだったんですね。で、よく良く調べてみると、この作者、Ken "Orzel Bialy" Baran氏といって、以前私がAARした「The Two Tigers of Malinava」や、domo戦記にもなっている「Paw of The Tiger」の作者でした :lol:

ということで、やったシナリオは、
「ハウプトマン・フレデリック・リューダース」というヤクトパンター乗りの話で、そのお題も、

"Luders at Les Loges"
レス・ロジェスのリューダース

知らん人間から見たら、わけのわからん単語だらけの、略してトリプルLです。
で、ドイツ軍でやった場合の手持ちはヤクトパンター3台、これまた略さなくってもトリプルJP。
で、ブリーフィングを見るとコリャまたずいぶんテリブルな煽りのキツイ内容(って、私の訳が、必要以上に煽りがきつくなってるのか(笑)。)。
ということで、このシナリオの雰囲気を壮年の日本男子にとってわかりやすいタイトルにするなら

「第3帝国版 迫撃!トリプルJP ジェットストリームアタック!!」

といったところでしょうか? :pirat

では、いつものごとく、へなちょこAAR。いってみよう。 PDT_Armataz_01_33

****************************************

【諸元・設定】
1. V8.403 +EnhDVRN
2. Luders at Les Loges(by Orzel Bialy氏)
3. ドイツ軍
4. 1:00
5. ☆☆
6. Preference設定 日本鋼豹司令部標準(C&C OFF)

【最初の戦闘経過】
ということで、いつもなら【作戦】と行くところですが、ブリーフィングに

「309高地のVHを占拠したのち、こちらに向かってくるイギリス軍を蹴散らすためのいくつかある絶好の射撃ポイントを選んでください。
敵を不利な立場に追いやり続けられるよう慎重に戦えれば最高です。
あなたがしなければならないことは、309高地の2つのVHを(最終的に)占拠しつつ、いかなる損害も与えずに、できるだけ多くの敵を撃破することです。」

と、やらなきゃならんことを書いてくれているわけだから、そんなに「作戦、作戦ということもなかろう!!」と、早速、1回目、開始!! PDT_Armataz_01_36


●1回目
で、チュドーンとドローでした・・・・。 :pale

まずは309高地の頂上のVHを確保し、そしてブリーフィングどおりに「絶好の射撃ポイント」というのを探したら、309高地頂上VH付近に周りよりも一段高くなっているいくつかのピークを発見。やたら、見通しもよい。そこに居座って敵を睥睨しながらトップヒットを狙ってやろうと思ったんだ、俺。でも、こっちが見通しのよいところなんてのは、当然、敵からも見通しがいいんだよね、パパ。
そういうことで(笑)、正面から右から左から下から敵戦車の砲弾の雨あられで、それにいちいち臨機で応戦するもんだから、もう大騒ぎ。こっちも、結構な数のチャーチルを葬った。それに、敵の砲弾にしたって、こっちは装甲厚いからほとんどが、グシュン、グシュン、と跳弾になる。だけど、そのうち歩兵満載のハーフトラックがわんさかでて来て臨機吸われるわ、こっちは駆逐戦車なもんだから不用意に臨機をして敵にレバーを見せることになるわで、毎回ターンの終わりにはほぼノーガードに近い状態で撃たれ放題。いくら装甲が厚くても、これじゃぁ抑圧は確実にあがってしまう。
やばいなぁと思っているうちに、2台を乗り捨ててしまった。最終的にはなんとか山頂VHは死守したものの、最後の1台も歩兵の近接強襲で敢無くKOということで、スコアは両者とも3,000程度のドローで終了(VHが3:1だったんで、乗り捨てたのもKOカウントされたよう。てことは、1台1,000点台?高ぇぇっ! :shock: )。

こりゃいかん。なにか読み間違いはないか?ということで、ブリーフィングをみながら、ちょっと考えてみた。

ん???ブリーフィングに「アンブッシュ」って書いてある・・・。

そうだよ!!これは待ち伏せなんだよ!! :evil:
那須与一の扇の的になって、うれしそうに高いところにのぼってヒラヒラしていてどうする!!玉入れのかごになって、投げ入れられるにまかせてどうする!!高いところで、「おお、よく見えるでおじゃる」ではいかんだろ!!
敵の進攻ラインを読んだ上で、読んで字のごとく「待ち伏せる」のだ!!そうだ、おれはヤクトパンター=ハンティングパンサー=飢えた豹(意訳)になるのだ!!密林の暗殺者だ!! :sniper

ということで、山頂部の林縁に位置するのはそのままだが、さっきのような見通しのよいピークには位置せず、そのすぐ脇の視界の限定された場所を射撃ポイントとする。確かにLOS範囲は線状に伸びたものになり、1回目よりは限定的になってしまうが、四方八方から撃たれるようなことはあるまい。ということで、2回目、開始!! PDT_Armataz_01_36

●2回目
で、チュドーンとドロー・・・。 :porc
くそ!何がいかんのだ!! :evil:

実際、5ターンくらいまではうまくいったんだよ。次々とLOS内に飛びこんでくる敵を撃破していった。しかし、敵はそれ以上に部隊を我々のLOS外から送り込んでくる。一台が群がる歩兵から繰り出される近接強襲によって屠られた・・・。一台は、チャーチルの決死の飛び込みに無理やり刺し違えさせられて砲が使い物にならなくなった。最終10ターン目で手負いの戦友を山頂VHに残し、健在の一台で309高地の麓のVHの確保に走らせた。その時、守りを失った山頂VHの傷ついた獣に、敵歩兵がハイエナのごとく殺到した。獣は臓腑を喰いちぎられ、クルーすらも餌食となった。最後は山頂VHを踏まれて万事休す。スコアは両者とも2,000程度のドローで終了・・・・。これじゃぁ、地獄の業火に放り込まれているのはこっちじゃないか!! :pale
トミーの奴等・・・ゆ、ゆ、ゆ、ゆ、ゆるさねぇ・・・。 :evil: :evil: :evil:

ということで、もう一度考える。やはり、作戦は必要だ!!

まず、こちらは3台しかいない。
この3台を山頂に集中させていては、待ち伏せとしての効果的なLOSの網を展開できない。そもそも309高地の山頂を目指してくるやつらに山頂から3台で線状のLOSを張ったのでは、LOSと敵進攻方向が平行になってしまい、LOSに間隙ができてしまう。事実、2回目の時には1台のLOSは機能していなかった(それが、一回目のスコア(3,000台)より2回目のスコア(2,000台)が2/3になった理由だろう。)。そういう意味では、山頂からのLOSは2台で十分だ。そしてあまった一台のLOSを敵の進攻方向に対して交差させるように展開すれば効果的だろう。場合によっては山頂からのLOSとあわせて十字砲火的な効果を生むエリアもできる。
とはいえ、実際の戦場では、敵は大きく分けて西と南の2方向から進出してきた。これらの進攻方向を同時にLOSに収めることはできないだろう。では、どの進攻方向に対し、そしてどこに、その一台を配するのか?詳細にマップを検討してみた。その結果・・・・・ここだ!!ここしかない(ここは、マ・ル・秘。知りたい人は、Plan.Zipをダウンロードして、見てください。)。ここなら、ばっちり、この進攻方向をLOS下に収められるし、うまくいけばもうひとつのVHも陥れることが可能だろう。

この1台で、こちらの進攻方向の敵の大多数を屠りながら、山頂VH付近に潜む2台のヤクトパンターでもう一方の進攻方向の敵をカバーしよう。ただし、そのうちの一台は、両方向をカバーしよう。いくらなんでも1台だけで、ひとつの進攻方向をすべて引き受けるのは無理だ。
なんか、文章だけでネタばれしないように書くとわかりづらくなってきた・・・

要するに、
1台 西からの進攻対応
1台 南からの進攻対応
1台 遊撃的に両方の進攻対応
ということ。

ただ、山頂の部隊は多少の機動は必要だろう。それは2回目の教訓だ。いくらよい待ち伏せポイントでも、敵に発見されてしまえば、じっと留まっているのは撃ってくださいというもんだ。また、一回目に上ったピークも、ずっとそこに居座りさえせずに、出たり引っ込んだり機動しながら利用すれば、かなり、効果的なLOSを展開できる。

少ない戦力であっても戦場を大胆につかう発想と、繊細な機動技術。これが、どうもこのシナリオの肝のようだ。ということで、3回目、開始!!! PDT_Armataz_01_36

●3回目
やった!!DV!!しかもこちらは損害0でスコア完封(多分、はじめて)。西の端の敵本陣以外のVHはすべて制覇の、ほぼ完全勝利だ!!!・・・・・・ :cheers

【戦闘結果】
Germany:Britain
3902:0
Men 0:114
APCs 0:8
AFV 0:12


【その後】

戦いすんで、日が暮れて・・・・

よーく、もう一度、ブリーフィングお見直したんだよ。

したら、書いてあったよ。

「敵を不利な立場に追いやり続けられるよう慎重に戦えれば最高です。」と・・・。

俺にいわせりゃ、要するにこういうこった。

「ブリーフィングに答えは書いてあるんだよ」
ってね・・・。

ちゃんと、資料は読まないとね。パパ。 :porc
Attachments
Plan.zip
計画図(マル秘)
(151.78 KiB) Downloaded 185 times
Luders_at_Les_Loges_-_44.zip
ブリーフィング
(2.26 KiB) Downloaded 180 times
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

Re: Luders at Les Loges

Post by Nor » 2007.Jul.03(Tue) 20:55

dugong wrote:那須与一の扇の的になって、うれしそうに高いところにのぼってヒラヒラしていてどうする!!玉入れのかごになって、投げ入れられるにまかせてどうする!!高いところで、「おお、よく見えるでおじゃる」ではいかんだろ!!
今回はこのフレーズがツボでした。 :lol:

それはともかく、これまでとは一転して(!)、なんだか面白そうなシナリオですね。 :pirat
ヤクパン3台で群がるチャーチルを蹴散らすという状況はかなり素敵です。

それにしても待ち伏せって難しいですよね。高地は戦車の鬼門だとわかっていても、ある程度LOSを確保しないといけない、でも見えすぎちゃってもいけないと。命中率を維持するには、あまり移動しすぎてもいけないけど、じっとしすぎると死んじゃうと。おまけに、砲塔無しの駆逐戦車は背側を取られないようにも気をつけなければいけない・・・。

このシナリオの作戦立案には、地形を読む力が必要になるのでしょう。添付の秘密作戦図を見ながら私だったらどうするか考えてみましたが・・・
・ヤクパンの遠距離命中率を生かすために、敢えてVHから離れて、高地に上った敵を狙撃できるような遠距離ポイントを探す
という手を真っ先に思いつきました。そんな好都合な場所があるかどうかはわからないし、敵歩兵がVHに群がっちゃうと再奪取も難しそうですが・・・1両だけVH付近の逆斜面に残しておけば・・ :porc

そんなこと言うより、Enhanced MOD を入れてやってみるべきですね。 :porc
Image

User avatar
dugong
技術将校
Posts: 141
Joined: 2006.Jan.24(Tue) 19:50
Location: 日本海軍??

Re: Luders at Les Loges

Post by dugong » 2007.Jul.04(Wed) 09:52

Nor wrote:
dugong wrote:那須与一の扇の的になって、うれしそうに高いところにのぼってヒラヒラしていてどうする!!玉入れのかごになって、投げ入れられるにまかせてどうする!!高いところで、「おお、よく見えるでおじゃる」ではいかんだろ!!
今回はこのフレーズがツボでした。 :lol:
そこに、入っていただけただけで、309高地山頂で散っていったトリプルヤクパンたちも成仏できるでしょう。 :cool:


Nor wrote:このシナリオの作戦立案には、地形を読む力が必要になるのでしょう。添付の秘密作戦図を見ながら私だったらどうするか考えてみましたが・・・
・ヤクパンの遠距離命中率を生かすために、敢えてVHから離れて、高地に上った敵を狙撃できるような遠距離ポイントを探す
という手を真っ先に思いつきました。そんな好都合な場所があるかどうかはわからないし、敵歩兵がVHに群がっちゃうと再奪取も難しそうですが・・・1両だけVH付近の逆斜面に残しておけば・・ :porc
いやぁ、これぞ大胆のきわみですね。しかし、LOSの効率を考えるとこれはいい案かもしれません。
多分山頂を視界に入れることのできる場所はわんさかあります。

あと、逆斜面戦法は私もいつかやってみたいと思いながら、実現に至っていない戦法です。今回の場合も、ちらっと頭をよぎったのですが、山頂はほとんど森林に覆われているので、実質的に山頂VHだけをLOSに収める隣接する逆斜面で待ち伏せということになるのでしょう。しかし、これでは、3台で大量の敵を無傷で叩かなければならない現実を考えると、この逆斜面の1台の打席数が少なすぎる(打率はいいと思うんですが)と感じたんです。
あと、一度本陣を明け渡して、あとで逆襲というのも、逆襲のタイミングというのが難しいですよね。タイミングが早すぎると、いまだ有力な敵の中に切り込んでいかなくてはならないし、遅すぎると、VHが奪還できない。この辺は、やはりベテランの経験がものを言うところでしょう。

ということで、何かと自信の無い私は、山頂絶対死守のこのような作戦でやった次第です。

とはいえ、状況が許せば一度は稜線にずらっと戦車を並べて近寄る敵を屠る、逆斜面戦術をやってみたいものであります。
”だから、どんな場合でもまず攻撃できないかを考えよ” − ナポレオン・ボナパルド
Image

Post Reply