<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

HUNTS GAP    ~domo戦記6

シナリオAARの投稿
User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

F@@KING SPWAW

Post by domo » 2007.Jun.09(Sat) 08:30

そこに一機の爆撃機がドイツ軍の後方から飛んできた。
「SHIT !!」
我々にとどめを刺そうというのか!
俺たち2両の戦車はVHを守るべく、VH後方3へクスのところにいる。
俺たちを狙ってきたに違いない。

だがよく見ると、爆撃機に対してドイツ軍が対空射撃を行っているではないか!
「どうなってんねん!!」
ああ!あれは我が軍のP39エアラコブラ爆撃機ではないか!
だが待てよ、なぜドイツ軍の方から飛んできたのだろう。
その謎が解けないまま、爆撃機は対空砲火を華麗に避け、ドイツ軍のⅢ突に20㎜砲を浴びせている。
「なんや、わからんけどやっちまえ!」
20㎜砲が戦車の上部を貫く。
Ⅲ突から戦車兵が飛び出す。
「よっしゃ!」戦車の中で歓声が起こる。
「うるせー」俺は空になった水筒をいがぐり頭に投げつけた。
そしてハッチを開けた。
謎の爆撃機は空中を低空で何回か旋回したあと、こちらに向かって飛んできた。
操縦席がはっきり見えた。
そしてパイロットは俺に中指を立てて、そのまま飛び去っていった。

一瞬の狐につつまれたような出来事だった。
だが俺の脳裏には爆撃機の胴体に書かれていた「ROWHEI」というイニシャルが残像として残った。
「ROWHEI・・ROW・・ろうへい・・老兵・・」
「ああああっ!」
「あの爆撃機はもしかして伝説の老兵氏ではなかったのか!!」

誰も彼の本当の名前など知らなかった。
そいつはみんなから「老兵」と呼ばれていた。
「老兵」はかつてSPWAWで全世界にその名をとどろかせ、多くのAARを残した知る人ぞ知る伝説の将兵であったが、突然姿をくらまし現在はもっぱら飛行機乗りとしてその姿を変え活躍しているという噂である。
その伝説の老兵氏が俺たちを救ってくれたのである。
「老兵様、マンセー!!」
「老兵様、マンセー!!」
再び俺の戦車の中は歓喜に沸きかえった。


ドイツ軍は最後に力尽きた。
もしⅢ突があのまま突っ込んでいたら、俺たち2両の戦車も撃破されていただろう。
ドイツ軍はVHの直前まで来ておきながら、あと一歩及ばなかったのである。
そしてイギリス空軍の最初で最後の戦果が、この長かった戦闘を終わらせるとは誰が予想したことであろう。


かろうじて生き残った兵士はみな疲れきっていた。
衛生兵が敵味方関係なく負傷兵を手当てしている。
この間を利用して、ゲームの結果をお伝えしておこう。
イギリス  10569
ドイツ    5978
死傷者の数は両軍ほとんど差がないが「DRAW」と表示されている。

だが勝敗など今の俺たちにはどうでもいいことであった。
(この1ヶ月間はあまりにも長かった)
お互い壮絶な打ち合いの結果、戦い終えたという満足感で一杯だったからである。
毎日、飽きもせずSPWAWをおやりの頭のおかしい方ならお分かりいただけるだろうが、
「勝ち負けを超えた満足感」「生きててよかったという充実感」を味わえるこんな素晴らしいゲームは果たして他にあるだろうか。
俺は断言する。
「そんなゲームあるはずがない」いや
「あってはならない」


「大佐に会うのは明日にすることしよう」
そして俺たちはつかの間の休息をとった。
砂漠の太陽が西に沈む。
ドイツ軍の「牡牛の頭」作戦は頓挫した。
再び砂漠に静寂が戻る。
アフリカの夜空を月が照らしている。

21時57分
俺は無線兵に受信機のダイヤルをベオグラードに合わせるように指示した。
そしてイギリス軍の兵士もドイツ軍の兵士も流れてくる歌に耳を傾けた。

  
  兵営の前      正門のわき
  街頭があったね   今でもあるね
  そこでまた会おうよ
  街頭の下で会おうよ
  昔みたいに、リリーマルレーン

  ぼくら二人の影が  一つになって
  愛し合っていることは
  誰にもわかった
  街頭の下で 
  みんなに見せてよろうよ
  昔みたいに、リリーマルレーン
Attachments
00145-1.jpg
これが俺たちを救った老兵様のP39エアラコブラだ!よく見ると分かるが機体にははっきりと「ROWHEI」と書かれている。
00145-1.jpg (17.65 KiB) Viewed 3601 times
Last edited by domo on 2009.Aug.14(Fri) 23:09, edited 2 times in total.
Image

User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

お疲れ様でした。

Post by Nor » 2007.Jun.09(Sat) 16:35

一月に渡る大作AARの完了、誠にお疲れ様でした。あまりに長丁場の戦いは、心身ともに衰弱しますね。どうぞご自愛ください。
添付図を見る限り、私には「ROWHEI」の文字は見えませんが、それは私のSPWAWへの愛情が足りないせいなのか、はたまた下から見ないと見えないのか・・・ :porc

また一息ついたら、これからも伝説のAAR巨人「老兵」氏に迫る勢いでAARをご投稿くださいませ。 :cool:
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

F@@K SP@@W

Post by domo » 2007.Jun.11(Mon) 13:21

―追記―

翌朝、俺は大佐のいる司令部に向かった。
そもそも俺がこの戦闘に加わったのは「砂漠のもぐら」に関する情報を大佐が持っているということで、その情報との引き換えであった。
司令部は昨日までの混乱というよりは、落ち着いた雰囲気だった。

「おはようございます、大佐」
「おお、domo君か。くそう、元気そうじゃな」
この人は昔から口の悪い上官であった。
その口がもたらす災いによって、本人も常に最前線に置かれていることを知っている。

「大佐、昨日はやばかったですよ」
「そうだな。ドイツ軍の戦い方がうまかった」

結局、北高地と南高地のドイツ軍は壊滅あるは投降し、道路上の装甲部隊と中央低地の増援部隊はそのまま退却していったと言う。
だが我が軍の被害も甚大なものになっており、素直に勝利を喜べないものとなった。


「ところで大佐、例の「砂漠のもぐら」のことですが」
「ふむ。そうじゃった。実はのう・・カクカクシカジカ」

大佐は俺に驚くべく情報を教えてくれた。

だが今、ここではその極秘情報をあなたがたのように毎日SPWAWばかりやっている方に漏らすわけにはいかない。

俺は早速、大佐が言っていた手がかりになる場所に行くことにした。
大佐に礼をいい、司令部をあとにする。

ジープを走らせる。ジープは砂漠を延々と突き進む。
やがてその手がかりとなる場所に着いたそのときだった。

「うわぁぁ・・これは・・・・あああ・・・ああ・・SHIT・・」


〜domo戦記7に続く
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

domo都市伝説

Post by domo » 2007.Jun.13(Wed) 22:05

今回もdomo戦記にお付き合いくださいましてありがとうございました。
なんとかdomo戦記6も無事に終えることができました。

初めこそ意気揚々と書いていましたが、次第にゲームはおろか毎日DARを書くことに耐え難い苦しみを憶えましたが、何とか最後まで脱稿できたことは、毎日飽きもせず熱心に読んでくださった心からSPWAWを愛する皆様のおかげでございます。

思い返せば、domo戦記を書き始めて6ヶ月が経ちました。
寒かった季節から、暑い季節になったわけです。
書き始めた当初は交通事故のリハビリ生活をしていましたが、今ではすっかり怪我の方はよくなったにもかかわらず、このdomo戦記のせいで未だに社会復帰ができずにいる次第であります。
「一体、どうしてくれるんだ!」
などとは言いません。(誰に言うんでしょうか)

と申しますのは、実はこうして小説もどきの戦記を書いているうちに、以前から抱いていたある「想い」があったんですが、これを機にその方向に人生の照準を合わせてみようかなとまじめに考えているのであります。

「なんだその「想い」とやらは!」
と、はやる気持ちも分かりますが、もうしばらくお待ちおくんなせい。
(こんなこと言っておいてSPWAWとは何の関係もなかったりして)



さてさて今回もゲーム上のdomo氏は謎を残したまま終わってしまいました。
一体、domo氏の都市伝説はどうなるんだ?
そして今度はどこに出没するのか?

謎が謎を呼ぶdomo戦記7にご期待くだされ!!

(次回ってなあ、いつになることやら・・・)
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

spwaw愛

Post by domo » 2007.Jun.19(Tue) 15:13

号外!!

全国のSPWAWファンに朗報
domo戦記7.0が入稿決定!

作家domo氏が自らの体験を踏まえて語るdomo戦記が長い沈黙を破る。
今のところ詳細については一切明らかになっていないが、今回は皆もよく知っている有名な戦いについての戦記であるとの情報もある。
それと依然として謎のdomo氏の都市伝説も見所である。

Domo氏によると、「毎日、全国からたくさんのメールをいただき、とても励みになる」ということだ。
中にはもう既にdomo戦記なくしては生きていけない方もいるらしく、SPWAWプレーヤーの方々の薬ともなっているのが実体だ。

とにかく、このじめじめした梅雨となにやらデータをいじくってばかりいて何のことやらさっぱりわからん最近の一連の流れを吹き飛ばしてくれ!

皆さん、domo戦記7.0に乞うご期待あれ!!
Image

島風
暗号解読部長
Posts: 58
Joined: 2007.Mar.12(Mon) 21:51

僕もトマトは好きです

Post by 島風 » 2007.Jun.21(Thu) 23:12

domoさん、初めまして。
 「なにやらデータをいじくってばかりいて何のことやらさっぱりわからん最近の一連の流れ」の片棒を担いでいる島風です。
 いやぁ、ご指摘の通りですね。もともとは、特殊能力がキャンペーンの途中で変わって困ったのを何とかできないかな、と思ったのがきっかけです。幸いなことに、タイミングよく復活されたNorさんからいろいろとアドバイスをいただき、特殊能力の修正は簡単にできることがわかりましたが、原因を探る過程で、ついついあっちの方へとイッちゃったのです。ちょうど、延々と続くPAKフロントと塹壕化したT34と巧妙に隠れているMG Bunkerと雨霰と降ってくる迫撃砲とカチューシャのおかげで、SPWAWイヤイヤ病が発病しかけていたので、ちょっと寄り道して、息抜きできるかなと思ったのでした。やってみると案外楽しく、「さすがSPWAW、こんな所でも楽しめるよいゲームだな」と見直したり感心したりです。

 domo戦記、僕も楽しみにしています。うーん、わずか1ターンにこんなにドラマが詰め込めるとは! 筆力と想像力の高さに感心しきりです。個人的には、件名、が好きです。7でも、すてきなタイトルをお願いします。

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

高いけど美味かったスイカとspwaw

Post by domo » 2007.Jun.23(Sat) 17:45

島風暗号解読部長殿

いやいや「なにやらさっぱりわからん」なんて書いてしまって、ほんとすいません。
人生の貴重な時間をただひたすらデータ解読に捧げる献身的行為にはほんと頭が下がる思いです。

多分あれでしょう。
島風さんとNorさんの交わす会話が、僕の使っている日本語と同じ言語なのに言ってる意味を含め、その内容を見るだけでも髪の毛が一本一本抜けていくような恐怖感に襲われるほどわけがわからないものであったため、思わず出てしまった言葉だと思います。

ほんと。申し訳ないです。

あ、それからdomo戦記を読んでくださってありがとうございます。
これからもどんどんゲーム自体より、妄想が膨らみ小説化してしまいそうですけど、
またこれ、お付き合いくださいませ。

暗号解読の方、よろしくたのんまっせ
Image

島風
暗号解読部長
Posts: 58
Joined: 2007.Mar.12(Mon) 21:51

苦い野菜とSPWAW

Post by 島風 » 2007.Jun.25(Mon) 22:41

domo様

 島風です。
申し訳ないです。
 いや、これ、まったくお気になさらずに。最初に「じめじめ」の文章を見たとき、大笑いしたんですよ。

 ところで、チタデレですね。しつこいですが、僕が経験したチタデレはDRのシナリオしか無く、3日と空けずにやっているつもりですが、始めてからもう1ヶ月半あまり、まだ、終わりません.....。Norさんのようにスチームローラーをかけなかったので、いったいどれだけ赤軍ユニットが残っているか不明なのです。だらだらと最終ターンまで行くのかなぁ。
 domoさんのシナリオは、現在までのAARを拝見している限りでは、ずいぶん雰囲気が違っているみたいですね。とはいえ、プレーヤー抑圧上昇必至戦場なのは間違いないと思います。ご健闘を祈ります。そうそう、暑さ対策には、ゴーヤがいいですよ(ロシアにはさすがにないのかなぁ)。

Post Reply