<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

ケノワ城(CHATEAU de QUESNOY)

シナリオAARの投稿
Post Reply
User avatar
九龍
一等兵
一等兵
Posts: 22
Joined: 2004.Jul.05(Mon) 09:15
Location: 独・米
Contact:

ケノワ城(CHATEAU de QUESNOY)

Post by 九龍 » 2007.Apr.15(Sun) 14:31

SPWAWver.8.4

009.ケノワ城(CHATEAU de QUESNOY)
独 assault vs. 仏 defends(独、使用)
所要時間2h
難易度☆☆☆(5段階で評価、☆は1、★は0.5とする)
Preference設定 ここの基本通り
***********************


「この戦闘はフランスを甘く見た我々のツケだ」
九龍

1940年6月6日1200時
我々はケノワ城を攻略するために今、ここに居る。
主な兵力は以下の通りである
歩兵中隊5(他に工兵、支援部隊が搭乗中)
戦車中隊2(IIIe型3両、IVd型2両)
自走砲1(15cm砲搭載)
C&C on

中央道路に戦車中隊を進撃させ、各歩兵中隊を進軍させる。
順調に戦闘が進み、歩兵中隊が中央を巧みに切り開いていく。
5ターン目にさしかかろうという頃、J中隊から面白い報告が届いた。
「何、こんな所に司令部が?」直ちに殲滅し、別棟にある拠点を目指すJ中隊。
I中隊はその頃、城の南東に広がる家々周辺を戦車の為に確保している真っ最中だった。

「戦車が突破口を開いた!つづけ!」
北東に配置されているB中隊、D中隊の突入を促すためにIV号戦車が石垣を粉砕して園内に突入する。
その際に一両スタックし、指揮車両がその横を進む。
激しい抵抗の中、2中隊が城を囲む石垣を乗り越えていく。
その後ろに展開する部隊は工兵、下車の最中だ。
後にこの下車ポイントが時間のロスに繋がっていく。
自走砲の150mmが城を穿つ中、最後の1発を打ち尽くして無線を入れる
「81mmをありったけ打ち尽くせ!目標地点は...」
流れ弾が装甲を貫通し、無線は馬鹿になってしまった。
「くそっ、退避!」
火を噴く車両を後に二人は後退する。

ー10ターン目ー
「81mm迫は何をしている!!」「早く城をどーにかしろ!」
「LMG!LMG!」「家の二階から城の窓を掃射し続けろ!!!」
「戦車兵が降伏しやがった!くそっ!」
無線が錯綜する中、工兵がようやく生け垣の中を隠れて城の目前まで到着した。

城壁を81mmが激しく叩きおえるのを機に、無線が飛ぶ
「こちらL中隊、うちが一番乗りだ援護しろ」
家の城を望める家々にある各LMGが掃射を開始する。
(この時LMG中隊がようやく戦線に到着する)
城手前の道を走り抜ける工兵、3方向から微力ながら敵の抵抗を受ける。
「壁だ!奴らを丸焦げにしろ!!!!」
制圧射撃の後、火の柱が敵を襲う。
「敵後退!次中央!!」
「敵後退!!」
「続け、工兵!!!」
「工兵だけにやらせるな!援護、突入ー!」
ー13ターン目ー
工兵の活躍もあり、敵拠点の占領は目前である
ー14ターン目ー
全拠点の制圧に成功、残党の迎撃態勢
最後のターンを迎え、別棟の部隊は敵の一時拠点奪回を許してしまう。
終局、
最終的に城を攻め落としたものの、我々が払った時間と被害は予想を超えるものとなった。
彼らフランスの最後は目の前に迫っているが、彼らにしてみれば我々ドイツに一矢報いたということになる。
地雷配置の甘さを突き、車両を北東の歩兵中隊突入の支援に当てていたらかなりの時間と被害を抑える事が出来ただろう。

注:毎度の事ながらブログの方には大量に写真入れてあるので分かりやすいと思います。

更に、あとがき

再度シナリオをやり直し、反省点を踏まえてチャレンジした結果
(10ターン目に全VHを確保)
GERMAN
1895
FRANCE
662
の大差にも関わらずDRAW

やはり被害に関わらずというわけでもないようだ。
Attachments
009-1.jpg
009-1.jpg (108.25 KiB) Viewed 2041 times
「おれは落胆するよりも、次の策を考えるほうの人間だ。」 坂本竜馬

目指せ有能司令官的ブログ!現在再起動
http://frontline.exblog.jp/

夢見るは機動偵察装甲旅団

Post Reply