<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

Stalingrad Train Station     ~domo戦記4

シナリオAARの投稿
User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

いい天気の日はspwaw

Post by domo » 2007.Mar.21(Wed) 14:29

《ソ連軍の9ターン》

先ほどの中隊長の突撃を見てソ連軍兵士の士気があがったのだろう。
駅の周囲にある建物からソ連軍の機関銃が一斉に撃ち込まれてくる。
そして駅中央ではソ連軍が押し返す。
各分隊がこれでもかというほどの突撃をしてくる。
瓦礫になった建物、コンクリートの塊をはさんでの銃撃戦。
目と鼻の先まで敵は近づいてくる。
頭をかすめる銃弾。ただよう血の臭い。
駅中央を守る第3小隊の兵士たちは、敵が退いたのを見てお互い顔を見合わせて安堵する。
だがほっとした瞬間、今度は短機関銃を持った10名ほどの今までとはちがう新たな分隊が突撃してきた。
モロトフカクテルが投げ込まれてきた。
一方的な攻撃により、数名が負傷、なすすべもなく後退する。
獲ったばかりのVHがまた一つ奪われる。
本当に50mが遠い。何度この場所を行ったり来たりしているだろうか。

ドイツ 7
ソ連  5

《10ターン》

あと3ターンだ。
ふと気がつくといつの間にか、壊滅した部隊が3つに増えていた。
そうなのだ。戦闘中はどの部隊が壊滅しているか確認などとれない。
むしろ無線がつながらず確認がとれないので壊滅しているとみなすことの方が多いのではなかろうか。
先ほどのソ連軍の攻撃でダメージを負い後退したのが、第2小隊長と第3小隊長であったのが痛い。小隊長の抑圧が過多してしまうとその配下の分隊の抑圧を下げることができない。
俺たちは中隊長ともに瓦礫の山のようになっているこの駅の中を駆け巡り、移動力を失った部隊をなんとかしようとしたが、どの部隊も10名いたのが半数ほどに減っており、抑圧も下がらない。その上、駅中央にいる部隊は工兵隊を除き全て移動ができなかった。
「ううう」
「ぐぐぐ」
「ヴヴヴ」
こんなときは奇妙な声を発するのみである。

〜続く
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

桜が咲いてもSPWAW

Post by domo » 2007.Mar.22(Thu) 17:15

今まで正面から攻めていた部隊が全て移動できなくなったため、その両翼にいる部隊に大至急援軍にいくように指示を出す。
駅の南のVHを確保していた工兵隊を前進させる。敵発見!
そして駅の北からも第1小隊が駅中央に向かって前進。ここでも敵発見!
なんと一時はもうだめかと思っていたが、禍転じて福となすとはこのことかもしれない。
両翼から建物を出て近づいたことで、建物の中にいるソ連軍を発見できたのである。
やはり敵は駅の中央から右、もっとわかりやすくいえば「+」の右のでっぱりの部分を最後の砦として守りを固めている。

こ!これは!
うまくいけば大チャンス。だが下手をすれば、敵に息吹を吹きかけてしまう。
ドクドクドクドク 心臓が脈を打つ
こんなに緊張することはゲーム以外では・・・以外では・・・思い出せない・・・
いや!そうではない!
こんなに緊張を楽しめるゲームはSPWAW以外にないということか!

ここまできたら失敗してもしょうがないという気持ちで進める。
まず敵に隣接していない部隊が援護射撃をする。当然、敵も臨機射撃で応戦してくるが、それは覚悟の上だ。
そして少しでも敵の拠点を沈黙させておいてから、部隊を隣接させて攻撃する。
よし!敵はあえなく後退する。
そして最後はVHもろとも焼き払うかのように工兵隊の火炎放射器が火を噴く。

この隙に南端のVHを確保した。
残りVHは3つになった。

次回最終回!乞うご期待!
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

お彼岸であろうがやはりspwaw

Post by domo » 2007.Mar.23(Fri) 18:14

《11〜12ターン》

正面から攻めていた部隊、第2小隊、第3小隊はこのターンにも抑圧が下がらず移動することができない。
そろそろ限界か。まあ彼らはここまでよくやってくれた。

残り3つとなったVHだが、敵の反撃もなく難なく2つを確保した。
さて最後のVHである駅の最も東にあるVHを踏む大役が回ってきたのがクレイン軍曹の率いる工兵隊第2分隊である。
このクレイン軍曹は今回の戦闘で大活躍し、敵を5部隊壊滅させたベテランである。
慎重に前進する。あと1へクスだ。
VHを踏む。敵影はない。よし、と思った瞬間、前方の建物から重機関銃が撃ち込まれた。
なんとか持ちこたえようとはしたものの、クレイン軍曹自らが負傷し後退する。
そこへ北から急きょ駆けつけた第1小隊がこの陣地を片付けた。
そして最後は工兵隊の隊長がVHを確保。
全てのVHにドイツ軍旗が翻った。



戦闘が終わった。
負傷した者を手当てするため、負傷兵を運び出す。
生き残ったものはぼう然としたまま、タバコに火をつける。
中隊長は各小隊の被害状況を無線で確認している。

死傷者の数は
第1小隊(44名) 14名
第2小隊(44名) 22名
第3小隊(44名) 29名
工兵小隊(44名) 24名
合計で89名、これは中隊全体(252名)の35%に相当する。
ただし前線にいなかった迫撃砲部隊、司令部を除いて計算すると48%にも達した。
これでは我が中隊だけではこれ以上前進するどころか、駅を確保するのも困難である。
(ちなみにソ連軍の死傷者は213名)
中隊長はすぐさま司令部に現状を報告しに行った。

その間にゲームの結果をお知らせしよう。
ドイツ軍 3060(全12のVH(2520ポイント)を確保)
ソ連軍   287
ドイツ軍のDV

中隊長が司令部から帰ってきた。なにか複雑な顔をしている。
司令部では一応は勝ったものの我が中隊のみではこれ以上の前進は困難と判断、すぐさま中隊は後続の中隊と入れ替えられることとなった。

新たな中隊長がやってきて引き継ぐ。
「あとは任せたぞ」
疲れきった俺たちとは裏腹に余裕すら見せた表情がなぜか脳裏にやきつく。
半数近くの犠牲者を出して奪ったこの駅も、数時間後にソ連軍の新たな中隊がこの駅を占領することになろうとはこのとき誰ひとり知る由もなかった・・・
Attachments
00074-2.jpg
戦闘終了時の状況
00074-2.jpg (50.42 KiB) Viewed 3067 times
Last edited by domo on 2007.Apr.22(Sun) 21:08, edited 1 time in total.
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

週末は多分SPWAW

Post by domo » 2007.Mar.24(Sat) 17:22

今回もdomo戦記にお付き合いくださりありがとうございました。

今回のdomo戦記はお笑いなし冗談ぬきのものになってしまいました。
これは決して始めからそうしようと思って書いたわけではなく、むしろ書き始めてから、
あ、これは冗談で書いてはいけないんだと気持ちにさせられたものです。
スターリングラードに限らず、どうも東部戦線というものはなにか・・こう・・なんていうのでしょうか・・灰色のようなまたは深い青色のような感じがずっとして、どうにもネタに走るのは不謹慎な気持ちになりました。
ですからどちらかというと淡々と書いてしまった感がありますが、お読みになった読者の方々はいかがだったでしょう。

(というより淡々と毎日一人で書いて・・あげて・・何の反応もない・・何の感想もない・・・HPの管理人も何処・・孤立・・・ああ、そうか俺自体がスターリングラードにいるのか・・)


前回まではターンごとに画像をアップしてその雰囲気を伝えようとしてきましたが、今回は駅という建物のなかでの戦闘だっただけに、煙と煙幕と炎が建物を覆いつくしてしまい、その白熱した戦闘シーンや緊迫したシーンをお見せできなかったことが残念といえば残念です。(煙を消した画像にすると、これがまたしらけてしまうんです)

この戦記を書くにあたりこのシナリオを何度となくプレイしてみましたが、対人相手だとどちらが勝つか最後までわかりません。またそれほど大した戦術もいらず簡単に始められますが、勝つためにはユニットを動かすときの細心の注意と、回復時の運、そして犠牲を覚悟しての前進ができるかなどの勇気(なんせ死傷者がどんどんでますから)があれば何とかなるでしょう。


それでは皆様、またいつかお会いしましょう。
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

桜が満開になってもspwaw

Post by domo » 2007.Mar.28(Wed) 20:39

号外!!

domo戦記第5弾が近日中に発表される模様!

domo氏によると桜が咲こうが、春が来ようが、domo戦記をライフワークにしていくことを知り合いに話している。

是非がんばってほしいのだが、戦記を一つ書くたびに集める資料の出費がかさむことが頭痛の種らしくこちらのほうが心配でもあるとか。

全世界約100名のspwawのファンの皆様、乞うご期待!!
Image

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

Post by domo » 2007.Mar.31(Sat) 17:37

リクエストが多かったのでファイルをあげておきます。
ENHANCEDでも問題ありません。(サーチングを少し落とすと面白いかも)
Attachments
Scen495.zip
Stalingrad Train Station
(先のものはファイルが一つ足りませんでした。失礼しました)
(35.38 KiB) Downloaded 184 times
Image

Post Reply