<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

SUS #8 The Patton Gambit

シナリオAARの投稿
Post Reply
User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

SUS #8 The Patton Gambit

Post by Nor » 2006.Jun.18(Sun) 00:27

1. Enhanced
2. 429 SMALL UNIT SERIES #8 The Patton Gambit(パットン作戦)
3. 1時間
4. 米陸
5. 難易度 4.5/5
6. 司令部標準
1948年9月23日1200時 ドイツ、Wiesau 有効視界28 ターン12 遭遇戦

【マクラ】
 この数ヶ月SPWAWを全くやっていない(公式戦を除く)。せっかくEnhancedが登場したのに。まとまった時間も気力も無いのでキャンペーンは無理。既存のシナリオはEnhancedでやるとバランスが崩れてそうで躊躇してしまう。Enhanced用のシナリオをダウンロードすればいいんだけど、一体どれが面白いんだか・・。

 そんな私やあなたに朗報です。手軽だけど面白くてやりごたえもあるシナリオ群、それがSMALL UNIT SERIES。略してSUS。マップの作りこみとシナリオバランスの手堅さに定評のあるFlashfyreSP氏が、丹精込めて作り上げた小規模戦闘シナリオが計8本。全て30x20の小さなマップを使用し、登場部隊は中隊規模。歩兵主体の戦闘が多いのも特徴です。

はい、そこで立ち止まったあなた。ダウンロードはコチラです↓

http://spwaw.com/phpBB2/viewtopic.php?t=9728


【任務】
 今回は全8作中最後の8本目を選択。このシナリオはシリーズ唯一の仮想戦で、戦車がメインになります。やっぱ久々にやるんだから、ある程度爽快感がないとねえ。そして、短いからって適当にやっちゃ面白くない。そこで今回の目的は、じっくりとあらゆる要素を抜かりなく考えて、最終的に勝つことです。

以下、付属テキスト訳です。
**************
プレイヤー1(米軍)
さあ大佐、機は熟した。ジョージ・パットン将軍が予想したように、我々はいよいよロシア人との実戦に突入したのだ。チェコ国境からの報告によれば、ソ連軍先遣機甲部隊が今朝国境を越えたようだ。貴官の偵察部隊を率い、Wiesau周辺に防衛陣地を築くのだ。

プレイヤー2(ソ連)
同志大佐、我が軍の進撃は順調だ。アメリカンスキーは我が軍との交戦に戸惑っているようだ。全速でWiesauに突進し占領せよ。STAVKAは西側からの深刻な反応は無いと予測している。
**************

 守った方が面白いだろうということで、ここは米軍を選択。さてさて。


【リハビリ手順】
 ここからは自分のリハビリを兼ねて、戦闘の前段階で考慮すべきシナリオプレイのセオリーを書いていく。

<基本情報の確認>
 まずは基本情報の確認。視界は28と戦車戦には充分、ターンも12と短くて良い感じ。天候も問題ない。

<マップ・地形の確認>
 次にマップを眺める。一見すると平凡なマップ。戦場になるだろう中央部には開けた高台。PPT10のVHはここに3つ。敵の進撃路にあたる左側には道路が一本あるだけで、あとは森。対して自陣になる右側は、中央部を取り囲むように右上と右下に理想的な高地が点在する。高台の麓の斜面を利用して待ち伏せもできそうだ。ふむ。クサイな。これは米軍有利っぽい。

 マップ作りの上手い人は、微妙な高低差を利用する術を知っている。しかし地形を1HEXずつ調べるのは不可能。そこでチェックすべきは画面右下のミニマップ。隆起した地形はミニマップ上では茶色ドットで表示される。極小マップなので非常に見にくいが、がんばって見ると高台の左側、道路のすぐ上にわずかな茶色ドットが見える。メインマップ上で調べると、やはりそこは高度15〜20の高地になっている。さらにその上の崖のグラフィックを使っているHEXは、実は崖じゃなくて荒地だったり森だったりする。その逆もしかり。このレベルのマップデザイナーになると、地形グラフィックと実際の地形効果を微妙に変えて使用しているから要注意だ。

 こうして目ぼしい地点の地形をチェックしていくと、敵の進撃路はだいたい予想できる。おそらく、道路からその上側5HEX分くらいの範囲を、左から右にVH目指して進んでくるだろう。ここまでわかれば、次は自軍の戦力チェックだ。

<自軍戦力の確認>
 自軍戦力は、マップ上に配置されているユニットを見るのではなく、アイコンパネルの司令部(H)ボタンを押す。その理由は2つ。見落としを無くし盤外砲や増援もチェックできるから。そして、ユニットの編成順もチェックできるからだ。司令部画面では、まず大尉(Cpt)の階級を持つ中隊長の存在を確認する。中隊に含まれる小隊ユニットがラリーする場合、(大隊)司令部は役に立たない。中隊以下のラリーでは、中隊長の存在こそが重要なのだ。

 しかし、編成画面を見ても、どれが中隊ユニットなのかわからないことがある。今回も変則的な編成なので、さっぱりわからない。中隊長はいるが、部下っぽいのはC編隊の歩兵x2、HTx2、M20x2くらいだ。増援で出てくるジャクソン、迫撃砲、チャフィー、パットンは・・・たぶん独立小隊扱いなんだろうな。

<全体作戦1>
 こうして状況・地形・戦力を把握してから、ようやく作戦を立てる。ここで欠けているのは敵戦力情報だが、これはテキストにある「先遣機甲部隊」という語句から推測するしかない。ま、我が軍より多いだろうことは予想できる。歩兵は同数かやや多いくらい。戦車は強烈なヤツがいっぱいでてくるのだろう。ただし、作者は信用できるので、バランスが大きく崩れるほどではないだろう。

 最初に考えるべきは、VHの扱いだ。見えているのはPPT10が3つだけ。いかにも少ないように感じるが、合計すると1ターンに30点。これでHT1台分だ。全12ターン確保すれば360点貰える。1台250円のパットン以上だ。さらに、最終的な彼我のポイント差はその倍の720点になる!こう考えると俄然踏んでおくべし!となる。

 だが、PPTは自軍が取らずとも、敵にさえ踏まれなければ良いと考えることもできる。PPTは無視して、戦力の削りあいでポイントを奪うことも可能だ。しかしそんなにうまく行くだろうか・・ということで、今回はやはり1ターン目に全部のPPTを装甲車で踏むことを目指す。そして、装甲車と歩兵を下ろしたHTはPPT付近の斜面に隠れておき、敵にPPTを踏まれたら3ターン以内に奪還を目指す。

<全体作戦2>
 次に考えるのは、敵主力をいかに撃滅するかである。序盤で敵戦車を倒せるのは・・バズーカを装備したインチキM20と歩兵だけだ。歩兵の装備をよく見ると、大隊司令部と中隊長は対戦車兵器を持たず戦力も4なので問題外。残り2つの歩兵のうち片方はバズーカをもっているが、もう一方はLMGだけ・・。結局、敵の主力戦車を倒せそうなのは、M20x2と歩兵1ユニットしかいないことになる。

 となると、増援で各2両ずつ登場するジャクソン、チャフィー、パットンに期待するしかない。ただしチャフィーは時代遅れの75mm砲なので撃破は難しいだろう。TD扱いのジャクソンは、早めにIn-Coverを取らせなければならない。理想的には、チャフィーで移動中の(あるいは自分が移動しながら)敵を遠距離から牽制、動きの鈍った敵をジャクソンで狙い撃ち、パットンは自在に動いて止めを刺すという方法だろう。

 これで決まった。チャフィーは中央高台から最も遠い、上と右の高度20の地点に配置する。ジャクソンは増援HEXから最も近い高度10の樹木・荒地HEXに配置してDefend体勢を取る。パットンは中央高台の上と右の斜面に隠れて時機を待つ。

 一方、歩兵の配置は難しい。バズーカ装備の歩兵は、高台ど真ん中の窪みにある建物に配置できればベストだが・・タコ殴りであっさり消滅の危険も高い。やはりLMG歩兵と同様、M20を援護するように斜面沿いに並ぶしかないか。

<仕上げ>
 最後に決めるのは砲兵とお偉いさんだ。このシナリオは敵戦車をいかに倒すかが問題なので、迫撃砲の役割は小さい。迫撃砲は安全地帯に配置し、敵歩兵の制圧と煙幕張りくらいに使うしかないだろう。大隊司令部は迫撃砲の3HEX以内で、高度20の石造建物に配置する。ここからは上手い具合に高台全域が見通せる。中隊長は・・いちおうM20&歩兵を支援するために、最前線に隠れておこう。


【戦闘経過】
 (省略)

【結果】
スコア 4939:549(DV)
米損害:Men19、AFV1
ソ損害:Men96、APC5、AFV8

【感想】
 ヨミが当たった部分もあれば、完全に外れた部分もアリ。米軍の戦車・装甲車8両に対するのは・・・ISU-122、T-44、IS-4(!)といった面々が10両。数以上に火力・装甲とも劣る米軍としては、より良い位置取りと連携プレーが必要でしょう。それでも硬い硬い敵戦車を全滅させるには、多少の運も必要かもしれません。

 短いシナリオですが、今回はじっくりと作戦を練ったこともあって存分に楽しめました。予想通り、戦力・勝敗バランスともに素晴らしい出来のシナリオです。極小マップで登場ユニットも少ないのに、戦車戦のツボはしっかりと押さえています。無闇に撃ちまくる戦車戦には飽きた方、もう一度戦車戦の基本をおさらいしたい方、作戦の妙を競いたい方にオススメのシナリオです。
Attachments
map.gif
map.gif (69.64 KiB) Viewed 2418 times
Image

User avatar
junkers
作戦の鬼
Posts: 557
Joined: 2004.Feb.29(Sun) 21:25
Location: ドイツ国防軍

裏に挑戦

Post by junkers » 2006.Jun.18(Sun) 04:54

ということで裏をやってみました

赤軍はT44、JS4といった強力な装甲戦力を有していますが、如何せん歩兵が3分隊しか使えないのが問題です。歩兵の前進をHTと戦車が援護する展開になりました。

まずは地の利を生かしてPPTを素早く確保、ジャクソンとの撃ち合いでISU-122を2両失うも、高地で停止状態のJS-4がこれを始末。

続くチャーフィーは何ら脅威を感じることなくあっさり始末。

その後のパットンが堅かったが、やはりJS-4がこれを仕留める。

あとは適当に歩兵を始末、途中出現のVHを踏み、もう一つ米軍側のVHに向かおうとしているところで終了。


が、しかし


スコアは3000ちょっと対、1000ちょっとでDraw…

酔っぱらっている時にプレイしては駄目ですね…。
ImageImageImageImageImageImage

User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

Re: 裏に挑戦

Post by Nor » 2006.Jun.18(Sun) 16:48

junkers wrote:ジャクソンとの撃ち合いでISU-122を2両失うも・・
たぶんコレがスコアに響いたんでしょうね。このシナリオ、AARを書くためにさらに何回かテストしてみましたが、わずかな損害の差とPPTの確保ターンでスコアが一挙に下がってしまうシビアな設定みたいです。

でもこの戦後の巨砲戦車の射撃効果音は、Enhancedでプレイする醍醐味かもしれませんね。音だけ聞くと、明らかにソ連軍優勢です。米軍でやると音にビビリまくりでした。 :shock:
Image

Post Reply