<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

Italian Series 02

シナリオAARの投稿
Post Reply
Desertrat
上等兵
上等兵
Posts: 78
Joined: 2005.Mar.26(Sat) 22:38
Location: 独伊

Italian Series 02

Post by Desertrat » 2005.Jul.05(Tue) 20:41

1. v8.4
2. 217 Italian Series 02(SC)
3. 伊
4. 5時間
5. 2.5/5
6. 司令部標準

伊 Delay vs. 英 Advance 1941年3月15日0800 エリトリア、Dongolaas地峡 制限ターン30 有効視界22 Hazy

【作戦】
南フランスのマジノ線から東アフリカの山の中にやってきました。

さて、マップを見てみると山岳地形です。ターン30と長いのも気にかかります。
VHはまとまったのが5つ、1ヶ所400程度です。他、Corsi大佐のHQキャンプにはPPT40点があります。
伊軍は1中隊もいませんが、援軍が相当来るようです。全部あわせたら1大隊程度です。兵士の経験は高いのですが指揮官の指揮技能が以上に低く40程度しかありません。バランスを取るためにしたのでしょうか?
火砲は盤外砲が9つ、航空機が6機です。1トン爆弾を積んだのもいます。装甲車が3小隊、自走AAが4輌あります。それとやたら機関銃が多いです。機関銃好きにはうれしいのですが。

盤外砲は弾数100のと50のがあり、前者は打ちっぱなしにする。
あとは添付された作戦図のとおり。
河川の近くまで十分に敵を引き付け、HQの北から1中隊か2個小隊で反撃する。
王立機甲連隊の戦車数輌が南西から来るはず。崖にあるバンカーと工兵、対戦車砲で迎え撃つ。

【経過】
再配置を急ぐ。
全く予想外のところから英兵が現れる。んー、これは不味い。こいつらに対処してる間、他では着々と守備につく。
英軍戦車が南西から続々とやって来る。20輌はあるに違いない。固まってるところに砲撃と航空機を要請する。援軍はまだ到着して全く足りないが工兵1小隊を防衛に当てる。機関銃を浴びせバンカーの主砲が2輌を沈めたところで敵航空機が来襲。崖の5分隊が吹き飛ぶ。エウー:mad: 、南西部は戦力がほとんどなくなる。あれもこれも...。

1/4来た辺りで多数の方向から英軍歩兵が現れる。配置はまだ十分ではないが対処できないこともない。南西からは戦車が続々と突き進んでくる。援軍もずいぶん増えたのでHQ手前のVH郡で迎え撃つことにする。例の崖のVHは完全にやつらに取られてしまったのがバンカーだけは健在。敵の近接強襲を跳ね除けやつらを釘付けにしてくれる。
援軍はさらに到着するが、敵の方がずっと多い。HQ手前のVH郡は火災で焼け野原状態のところに工兵と敵戦車が戦闘中。それにしても英軍の砲撃は厳しい。航空機による損害は特にデカイ。もうずいぶんやられた。HQキャンプの北と南でも激しい戦闘が続く。反撃部隊は密かに前進を開始。

半分辺りに差し掛かって、装甲車の援軍がやって来た。こいつらが強い。もちろん歩兵相手だが。HQ手前のVH郡では足の遅いマチルダがやって来て激戦中。崖に向けて再奪還部隊を前進させる。それにしても砲撃が止まない。航空機もまだまだやってくる、辛い。友軍航空機もお返しと敵歩兵のど真ん中に爆弾を落とす。残念ながら1トン爆弾のは空振りしてしまった。
有り余る援軍がやって来て、徐々にではあるが戦局は改善してきた。ただし、HQ手前のVH郡は火災が延焼したところにさらに援軍とマチルダが突っ込んできて戦闘は最も激しくなる。反撃部隊と再奪還部隊は順調に前進する。

残り10ターンぐらいで幾つかの方向で戦闘がほぼ終わる。再奪還部隊は火砲の支援の下、崖のVHを奪い返す。反撃部隊も堰を切ったようま勢いで蹂躙していく。HQ手前のVH郡では最後のマチルダが突き進むが、もう完全に包囲網の中。マチルダを片付け、崖から英軍を追い払ったところで26ターン指揮崩壊で終了。

【結果】
DV 伊:英=9005:1725 (Men413:1122, Art3:0, Soft Vehicles4:0, APCs0:0, AFVs2:22, Gliders0:0, Aircraft0:2)

【感想】
損害が大きかったのでDVはかなり厳しいと思ってたのですが、全くそのとおりでした。
荒っぽい指揮がかなりあって反省点です。損害をもっと抑えるのが課題です。
マチルダには効きませんでしたが、ATRはそれ以外の車輌には抜群の強かったです。見つかるとすぐに壊滅してしまうのは欠点でしょう。あーそれと、砲撃がものすごい厳しかったです。友軍を密集させすぎたのも反省点です。
それと、指揮官の指揮技能が低いので隣接しないと全然勝負になりません。なぜか英軍歩兵は、ばしばし当ててきますが。:D
Attachments
eritrea2.jpg
eritrea2.jpg (50.1 KiB) Viewed 1846 times

Post Reply