<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

第7回公式戦の結果

日本鋼豹司令部杯の告知・結果など
Post Reply
User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

第7回公式戦の結果

Post by Nor » 2009.Aug.22(Sat) 02:43

あまりにもい~加減な準備と、このところ一段と悪化した過疎化によって開催が危ぶまれた公式戦ですが、結果的には新規参入者を交えるという理想的なカタチで開催できました!
とはいえ3人しか集まらなかったので1vs2の変則マッチを考えましたが、諸般の都合から(ええ、私のミスですとも)AIを入れて2vs2でやることになりました。
3人ともボイチャを準備して作戦もへったくれもなくワイワイ騒ぎながらの楽しい戦いができてよかった。参加者お二人に感謝です! :salut


【使用シナリオ】
viewtopic.php?f=13&t=803

【参加指揮官】
<先攻アメリカ>
こんぴゅーたあ(P1)、Nor(P3)
<後攻ドイツ>
Weide(P2)、Pioneer(P4)

【指揮戦力】
米軍AI : HQ x 1、M18 Hellcat x 2個小隊(計8両)
米軍Nor : M4A3 Sherman x 3個小隊(計15両)
独軍Weide : HQ x 1、Las 762 x 2個小隊(計8両)
独軍Pioneer : Pzkpfw-IVg+ x 3個小隊(計15両) ただし各小隊1両は StuG40 ausf F/8

【設定概要】
・C&Cオフ
・各プレイヤーの持ち時間 120秒
・タイム/時間倍増なし
・臨機射撃判断時間 3秒
・索敵率 70%
・臨機発動可能性 80%

【最終結果】
先攻:後攻
スコア 3050:522(先攻 DV)
損害 Men 23:134、AFV 3:18


【MVP・敢闘賞・名誉称号】

いちおう勝利チームということでMVPの可能性があるのは私ということになりますが、またしても私は主催者で、マップを含めた対戦仕様を全て決めていたし、他の参加者より多くを知る立場にあったことを考慮して、今回も辞退を決定しました。よって、今回のMVPは該当者ナシとします。

でもまあ、せっかくやったのに何もナシというのもアレなので、自称初心者ながら臆せず積極的に参加してくれた Pioneer さんに、主催者の独断で敢闘賞を差し上げることにします。オメデト〜! :cheers

もひとつ異例ではありますが、敢闘賞 Pioneer さんの名誉称号として、「突撃一番」を奉りま〜す。この称号は独軍四号戦車を駆って果敢にヘルキャットに立ち向かった戦闘姿勢に由来します。あ、本来の「突撃一番」の意味はググってください。 :study


【アメリカ側からみた展開】

米軍はAIと共闘することになる。最初の決断は、操作ユニットとしてシャーマン15両をとるかヘルキャット8両を取るかだか、やっぱり動かし方が難しく決定力のあるヘルキャットを操作すべきだろうと思ってP3を選ぶ。ところが実はP3がシャーマン担当だった・・・しかし何が幸いするかわかりませんな。結果的にはこの間違いが良い方に転んだ。 :pirat

序盤は静かな出だし。あまり前には出ずヘルキャットを中心に上下(左右)に広がる形をとる。なんせ共闘プレイヤーがAIなので、AIの動き方をみながらシャーマンの動かし方を決めなければならない。ところが2ターンになってもヘルキャットは一歩も動かないではないか!! :shocked
これはもしかして・・・シャーマンだけで戦わなければならないのか?!正直焦りまくる :pale

3ターンになってもヘルキャットは一歩も動かない。しかたなくマップ上下にシャーマン小隊を1個ずつ展開させ、中央のもう一個小隊は下がり気味に受け止めるカタチにする。おそらくシャーマンが敵主力の4号を抜くには25HEX以下まで引きつけなければならない。しかしマップは広くコマが少なすぎる。どうするオレ? :scratch

やはり対人戦だから敵も慎重に前進しているようだ。最初の戦闘はマップ北側の高地で始まる。いわゆる「端攻め」で、お互いに側面を取ろうとしているのは間違いない。幸先よく1両撃破するが、すぐにシャーマンも1両やられる。あかん・・・こんな感じですすむとコマの数でこちらが圧倒的に不利になる。しか~し、4ターンくらいから突如としてヘルキャットが猛然と動き出す。ただただ前へ開豁地をぶっちぎって一目散に敵に突撃するつもりだ。・・・あんた自走対戦車砲でっしゃろ。 #-o

しかしこのAIお得意のがむしゃら突撃が敵の虚を突くカタチになった。中央を突き進んだヘルキャット8両は、損害をものともせず中央に展開していた4号戦車群と激しく撃ちあう。幸運にも助けられてヘルキャットの損害は2両、敵の損害は3両以上。この突然の大損害でひるんだ敵は、マルダーはやや下がって待伏せに転じ、4号も移動距離を減らして慎重に姿を隠さざるを得なくなったようだ。

ここだ!このタイミングを逃してはならない。唐突なヘルキャットの突撃で中央部を制圧した今こそ、両端のシャーマンが攻勢に転じなければならない。きっとアホなAIは無意味なVH(10個あるけど全部でたった200点)を全制覇すべくヘルキャットを前進させ続けるだろう。ヘルキャットが敵の待伏せているキルゾーンに踏み込む前にシャーマンでかたをつけなければならない。

こうして南方のシャーマン小隊が動き出す。小隊長以外を2両一組で行動させ、敵を発見したら最低2方向から攻撃できるように展開してドイツ軍の精密射撃をかわしていく。移動担当部隊(2両)が敵の臨機射撃をひきつけたら、高地に静止している射撃部隊(たぶんハルダウン完成している)が狙い済まして射撃。ここでも運が味方して優勢に進める。結果、南部から中央部にかけては我がほうの制圧下にはいる。

北方では少なからぬ敵が潜んでいることを察知していたので、こちらのシャーマン小隊は序盤から動かず、というより動けず。2両一組で森に潜んでじっと敵の動きを待つ。C&Cはオフだが、おまじないの態勢Defend変更も忘れない。終盤にはいってついに敵が焦れた。4号小隊が10HEX以内で次々に射程に入ってくる。臨機を外してもこちらの姿は見つからず一方的に攻撃できる。こうして北部のシャーマン小隊も自らの任務を果たした。

敵戦車の移動音はターンを重ねるごとに減っていき、迎えた最終ターン。最後の攻撃。危ないとは知りつつ下がり気味の敵を追ってついでにVHも全部踏んじゃろと思ったら、やっぱりそうはいかなかった。敵もさるもの。きっちりマルダー小隊が北東VHを射程に収めて待伏せしている。今度は形勢逆転。見えない敵からの攻撃を受けつつ反転。VH制圧をあきらめて後退してターン終了。

しかし敵も最終ターンなので、待伏せマルダーといえども前進しなければ戦闘にならない。覚悟を決めた敵は最後の突撃を敢行するが、動いたマルダーはほとんど当たらない。幸運にも損害を増やさないままゲーム終了。


【感想】

アメリカ軍勝利の遠因としては、1vs2の変則マッチは寂しくていや~ん!という私のわがままを受け入れてもらえたこと、指揮部隊の選択を偶然間違えたこと、AIのがむしゃら突撃が敵をびびらせたこと、などが挙げられるでしょう。直接的な勝因は、AIのヘルキャットがガンガン敵をやっつけてくれたことに尽きますね。私のシャーマン部隊も最低限の役割は果たしたとは思いますが、一番難しい局面を打開してくれたのはヘルキャットだったことは間違いありません。 :-"
また、ある程度チマチマとした小技を使った影響はあると思いますが、このシナリオは純粋な戦車戦で戦力も互角なので最終的には米軍は運がよかったのだと思います。

勝敗はともかく、ゲーム自体も私にとって久々のオンライン対戦だったこともあって非常に楽しめました。敵味方でボイチャのチャンネルを分けなかったので、互いに「食らえ!」「やめて~!」「アアアアアアアア!」と叫びながらプレイできたことが私にとっては有難かったです。一人で黙々とやってもつまんないですもんね。 :silent
そのせいで独軍のお二人はローマ字チャットでしか作戦を相談できなくなったので、ご迷惑をおかけしたのですが・・・ :tongue

ともかく、これで3人+AIでも充分面白い戦いができることが実証されました。次回からオンライン戦の最低人数は3人でもOKですね。人数が少ないことの最大のメリットは所要時間が短くてすむことで、今回は一人当たりの持ち時間2分でゲーム開始から10ターン終了まで、途中で一回落ちてやり直したにも関わらず、2時間弱しかかかりませんでした。ちなみに、たった5分で適当に(!)選んだシナリオでしたが、バランス・指揮部隊の数・戦闘条件など全ての面でオンラインに最適なものでした。

最後に、公式戦初参加にも関わらず、速やかにボイチャを導入し、積極的にプレイしてくれたPioneerさんに改めて感謝します。今回は不運にも勝利には恵まれませんでしたが、あとちょっと知識と経験を備えればベテラン指揮官として名を馳せる日も近いでしょう。勝負は時の運なので、これに懲りずまたよろしくお願いします。また、前回の長期PBEM戦を経ても指揮崩壊せず、毎回公式戦に参加してくださるWeideさんにも大感謝です。次回以降の公式戦もぜひ。 :salut


では参加者のお二人は、以下に感想などお願いします。
Attachments
FinalScore.gif
最終結果
FinalScore.gif (2.5 KiB) Viewed 1798 times
Image

User avatar
Pioneer
一人でできるもん!
Posts: 18
Joined: 2009.Aug.19(Wed) 19:53

Re: 第7回公式戦の結果

Post by Pioneer » 2009.Aug.22(Sat) 11:31

なな、なぜか一番活躍できてなかった私がこんな賞をいただけるとは・・・・



今回は公式戦初参加ということで、緊張もしていましたがうかうかしていたということもあって・・・・・・・・非常にコメントしづらい結果となてしまいました;;
しかし、非常に楽しく出来たので、結果はあまり気にしないことにします(気にしたくありません [-(

序盤はお互いに慎重に前進していたためか、まったく撃ち合いにならず、ひたすらキャタピラの音のみが聞こえていました。
しばらく沈黙が続いた後、北にある丘の上でシャーマンを発見、一両破壊できたものの、一両やられてしましました。。
この調子でいくと数的にまずいと思いつつ、敵の姿がみえなくなったので、とりあえず北はほっておくことにする。待ち伏せコワイし :sniper

南では、ewideさんの対戦車自走砲集団が苦戦していました。一生懸命前進、発射を繰り返していたようですが、
敵は丘の上に陣どっており、自走砲なので、攻めに関しては非常にやりにくそうでした。。。
一応我がパンツァーIVと突撃砲が南におりましたが、時間制限が短く、不慣れな私は忘れがちになってて、気がつくと味方がぼろぼろになってました :pale
weideさん申し訳ないと思いつつ、南に関しては圧倒的劣勢になってしまったので、とりあえずほっとくことにしました(え

そして、一番びっくりしたのは中央の戦線でした。

中央は戦車一個小隊(4号戦車が4両と突撃砲1両)が、一切敵の妨害も受けず、VPのあるところまで前進していました。
そこで調子に乗ったのが間違いでした。中央にはnorさん率いる非常に優秀なAIが獰猛なHellCatとともに待ち構えていたのでした。
まず、我が小隊の陣形は、前に2両、後ろに2両、中央に突撃砲を置いて、H←これを横に向けた感じ、後方の二人組みが前進して前方の二人組みは停止しての繰り返しで前進しておりました。
が調子に乗った私は一気に前進して、Norさん曰く全く動かないHCを、がっつり狩ってやろうと思って、一気に攻めをかけようとしました。
そして・・・・・なんと動かないと思っていたHCは動き出したのでした :shock:
もう目に見えぬ速さで一気に視界に5両程入ったかと思うと、あっという間に2両狩られました。もう一瞬の出来事で、唖然としていました。 :eek:
その後、まだ見つかっていないのか、それともお慈悲で撃たれていないのか、敵の視界にがっつり入った4号戦車がいましたが、もう逃げ切ることは不可能と判断し、
HCを2両(だったっけ・・?)狩ったものの、我が戦車2両も同時に駆逐され、たったの2ターンで中央の小隊は4号戦車1両を残すのみとなってしまいました。

その1両は後ほど乗員離脱で難を逃れます :scratch

この調子で南戦線は数的不利かつ待ち伏せかつ私の無駄な突撃敢行で壊滅。
北の戦線ではうまく掩蔽されたシャーマン相手に前進し、敵の位置がわかった時には我が戦車は4両が2両になってしまいました。
結局、敵はほぼ無傷なまま、我々はほど壊滅し、北に突撃砲1両と、weideさんの自走砲4両を残すのみとなりました。

もう残りターンは無い・・・・・我々は1両でも狩るべく、最終突撃を敢行しました。ちなみに提案者は私です :oops:

先にweideさん率いる自走砲部隊が突撃したものの、残念ながら、1両も狩れずに逆に1両狩られて終了しました。
そして私の唯一の生き残り、突撃砲は1へクス前進したものの、運良く敵には姿が見えていなかったようで、一発、敵に命中させました。
が敵はそれをはじき返し、臨機が尽きたところで終了。

結果は惨敗中の惨敗。私の未熟さを恥じるばかりです・・・・・

しかし、今回はとてもいい経験になりました。し、なにより楽しかったです \:D/


今回の公式戦を主催し、マップを編集してくださったnorさん、そして
足を引っ張りまくった私に、いろいろアドバイスをくださったウweideさんに感謝です。ありがとうございました :salut

非常に読みにくい文章、というか下手な文章ですが、ここまでよんで下さった方にも感謝です。
ImageImage

User avatar
weide
軍曹
軍曹
Posts: 142
Joined: 2005.Mar.15(Tue) 05:52
Location: ドイツ SS

Re: 第7回公式戦の結果

Post by weide » 2009.Aug.23(Sun) 03:11

前回の公式戦で真っ白に燃え尽きてしまった方が多い中、なぜか私はモチベーションを維持し続けてました。
チャットに集合しTS2の準備を全員が比較的スムーズに済ませ、いよいよ戦へ。

中央に突っ込めば恐らく南北から側面を突かれ壊滅するだろうと踏んだので、手持ちの部隊を全て南北へ振り分けました。
万一敵が中央に来た場合、Pioneerさんの部隊で足止めし南北から挟撃すればいいだろうと3秒くらいで作戦を考える。
私が指揮する部隊はHQとマルダー2個小隊。

北側では小競り合いでお互いが1両ずつ失うも、向こうはどうやらCOMが役に立たないようなので、これは閣下が一方的に殲滅され後味悪い結果になっちゃうかなぁと考えてしまったり。南側では私のマルダーが1両芋ってしまった。
 ま だ 気分には余裕があり、和気藹々とプレイを続ける。

と、ここで中央に前進を試みたPioneerさんの部隊へ猛烈な攻撃が。
ヘルキャットが突進してくる。対戦車自走砲が突撃してきたとしても4号の餌食さ…なんて気楽に傍観していたら、「命中率10%?だったら10発撃てば当たるってことだ!」式に凄い数のヘルキャットが殺到し瞬く間に2両が炎上。
予想外にアグレッシブな攻撃に私もPioneerさんも抑圧を受けました(リアルの方で)

その後もヘルキャットは、動かないときは一切動かず、動くときは怒涛のように攻め立てて来ました。
これにより中央部隊は壊滅。
また南側でも私のマルダーが次々と討ち取られ壊滅。なんとかPioneerさんと連携をとり反撃を試みるも打撃力不足により断念。

北側は情勢不利とみたのか、シャーマンが引き篭もってしまっている。
前進すれば臨機射撃で撃破され、かといって動かなければそのまま敗北に直結。
仕方がないので生き残りのマルダー4両を2両ずつスタックさせ、前進してくるヘルキャットを迎撃できるようにしておく。
……迎撃準備したときに限って敵が進軍を止めるのはなんでかな?かな? :-&

9ターン目でマルダーがシャーマンを捕らえ、足止めに成功する  :sniper
流石に2両スタック+InCoverでは迂闊に攻撃できまい。
これが成功したのが今回の唯一良かった点かな =P~

協議の結果、最終ターンにBANZAI-Chargeを炸裂させることに  :rr
まさしくBANZAI-Chargeに相応しい結果になりましたが :porc

途中Pioneerさんが落ちるというトラブルもありましたが比較的スムーズに終了しました。

総括としましては、私の未熟さがよくわかったのと、敵も味方もわいわいやいやい明るい雰囲気で楽しめたのがよかったなーと。
こればっかりはPBEMでは出来ないんだよなあ。

>>Pioneerさん
曖昧な指示出したりしてごめんなさい。
また一緒にプレイしましょうね。

>>Nor閣下
歴戦の勇者だけあり、AIヘルキャットの力があったとはいえ不利な状況を跳ね返した指揮能力は流石です。
色々と技術を盗めるように精進します :rr
 
 
 
「私は他の多くの者よりも運が良かっただけで、兵士としての義務を果たしたに過ぎません。
敵との戦いに全精力を使い、スコアなど数えているような余裕はありませんでした。」 − エルンスト・バルクマン
 
Image

Post Reply