<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

第二回公式戦の結果

日本鋼豹司令部杯の告知・結果など
Post Reply
User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

第二回公式戦の結果

Post by Nor » 2005.Dec.11(Sun) 03:58

今回は予想に反して(?)、開始予定時刻前から6人以上集まり、シナリオ作成者のサトさんに参加辞退してもらうほどの盛況ぶりでした。サトさん、ごめんね。 :porc


【使用シナリオ】
viewtopic.php?t=427

【参加指揮官】
<英軍>
まんだりん(P1)、junkers(P3)、Nor(P5)
<独・伊軍>
Sufiy(P2)、Apricot(P4)、濱(P6)

【最終結果】
英:独伊
スコア 3798:1409(英軍MV)
損害 Men 121:143、Art 0:2、AFV 0:1

【MVP・敢闘賞・特別賞】
今回のMVPは、憎らしい伊軍装甲車AB41を最後に撃破したjunlersさんに決定。さらにこの栄誉を讃える名誉称号は「赤いキョーカン」とすることに決定。英軍空挺部隊の異名「赤い悪魔」+「指導教官」に由来します。

敗戦陣営から選ばれる敢闘賞は、見事Sufiyさんが受賞。このシナリオでは優遇されているとはいえ、決して強くないはずのイタリア軍部隊を率いて、序盤の英軍包囲部隊を壊滅の危機に追い込んだのはお見事でした。お二人とも、おめでとうございます。 cheers

そして今回はさらに特別賞にシナリオ作成者のサトさんが選ばれました。もともとバランスの良いことで有名な名作シナリオとはいえ、3vs3のオンライン戦用にかなりの時間をかけて調整してくれたサトさんに感謝します。今回の盛り上がりは絶妙なバランス調整の上に成り立つものでした。


【展開】
このシナリオはランダムに決まる両軍空挺部隊の降下地点が最大の問題。どこに降りるか・・だいたいの位置はわかっていても、実際にどこに降下するかはフタをあけてみないとわからない。

緊張の第一ターン。互いに敵のまっただ中に降下した部隊はいない。ほっと一息。最初の仕事は抑圧回復だ。しかしこれに手間取る。運悪く小隊司令部が回復できなかったりして、移動目標も変更できない。これは英軍だけに限らず独軍も同じだったはずだ。

その序盤の混乱状態を利用して活躍したのがイタリア軍。偵察能力はあるがライフルしか持ってないイタリア兵で英軍空挺部隊を捜索し、AB41装甲車が距離を取って撃ちまくる。この怒濤のイタリア・ラッシュが4ターンほど続いた。橋の南岸(右側)に降下した英空挺部隊2個小隊は、あっという間に戦力半減。上下左右から独伊軍に包囲され絶体絶命のピンチに!

橋の北岸(左側)に降下した英軍部隊を指揮するのはjunkersさん。南岸の包囲部隊を救出するには一刻も早く橋を渡ってきてもらわないといけない。意外と簡単にMG42を撃破したものの、両英軍部隊の間にはイタリア軍が居座っている。早く合流しないと英軍司令部も壊滅してしまう・・。

英軍両部隊がようやく手を繋げたのは7ターンあたり。ここまで持ちこたえたのは、まんだりんさんの指揮する虎の子の重機関銃のおかげと言える。迫り来る敵歩兵を次々と撃退し、装甲車の突入も許さなかった。しかし、合流時点で南岸の部隊は、5ユニットにまで消耗していた。

戦闘はいよいよ終盤の佳境に入る。合流を果たした英軍には増援の空挺部隊も登場し、俄然勢いづく。砲撃支援も本格的に開始し、南北のVHを一気に確保。装甲車対策としてVH周辺の部隊を煙幕で囲い、防衛体勢に移行。北岸から橋を渡ってやってきた部隊も、道路周辺に展開する。

瀕死の英軍孤立部隊を全滅させられなかった独伊軍は、期待のAB41もついに歩兵支援を失って孤立。最後はVHを奪還しようと各所で決死の突撃を敢行したが、いずれも不発に終わった・・・。


【感想】
当初予定した英軍の作戦は、HMGを中心に円陣を組んで降下地点をとにかく死守し、北岸部隊との合流を待つというものでした。予定通りHMGは固定したものの、その周りを囲むはずの歩兵は抑圧回復に手間取り、やっと回復できても移動目標を変更できず、まともな円陣を組みあげるまでに伊軍に好き放題やられてしまいました。

孤立部隊が完全に包囲されじわじわと削られていく前半は、全く勝機が見いだせず、北岸部隊の到着を待つ時間は何と長く感じられたことでしょう。独伊軍としても、この機を逃さず司令部を含めた孤立部隊を完全に掃討するのが至上命題だったでしょうが、ここを踏ん張りきれたことで英軍の形勢逆転に繋がりました。振り返ってみると、この6〜8ターンくらいの攻防が最大の山場だったと思います。

個人的には、今回「も」、ほとんど活躍できませんでした。最後に残った手持ち部隊は、砲兵を別にするとわずか2ユニットという惨憺たるやられぶり!友軍として戦ったお二人はさぞ冷や冷やしていたと思いますが、ま、私がやられ役を担当したということで・・・

今年最後の公式戦ということで、人も期待以上に集まり、久々登場の濱さんや最近対戦をはじめたApricot・まんだりん両氏も参戦でき、非常に盛り上がったと思います。やや残念だったのは、開始時間に遅れて参加できなかった方が結構いたことですね。あともう少し人が集まれば、二戦同時開催も可能なので、来年1月の新春公式戦ではぜひ実現させたいと思います。
:salut
Attachments
official02.gif
戦闘終了後マップ
official02.gif (88.02 KiB) Viewed 3308 times

User avatar
junkers
作戦の鬼
Posts: 551
Joined: 2004.Feb.29(Sun) 21:25
Location: ドイツ国防軍

英軍歩兵小隊から見た戦場

Post by junkers » 2005.Dec.11(Sun) 05:34

 今回の対戦はNor閣下、まんだりん少尉(かつて、まんだりん様は少尉だったのだ)という、古参兵トリオでの出陣となった。相手はApricotさん、濱さんという、新進気鋭の二人に、Sufiyさんという恐るべし装甲戦闘車両使いである。
 てか、私と閣下が組むのって、ちょっと珍しいことである。常に私と閣下は戦場で敵味方として相まみえてきたのだ。それが手を組むのは、猪木と馬場のタッグ、もといアムロとシャア、いやいや大鵬と柏戸、いやいや…(略)

 私の担当する歩兵2ヶ小隊は川の左岸に降下し、橋を確保しつつ英軍主力と合流するという大事な役目である。合流に遅れれば、「おまえが遅かったから我々は死んだのダ〜」と英兵の英霊が枕元に立ちそうであるし、閣下やまんだりん少尉の怨嗟の声が日本からストックホルムまで届くことは間違いない。
 かといって速攻で拙攻をかけてMG42の前に屍の山を築けば「おまえがまずかったから我々は死んだのダ〜」と英兵の英(略)、である。早くも着任早々上司と部下から苦情を突きつけられた中間管理職のような立場になった私である。


【序盤】
 とにかく、川の左岸には独軍斥候とMG42が展開しているはずである。このMG42を(こちらの損害をできるだけ少なくして)無力化することが、序盤の私の至上命令だ。

 まずは、降下した部隊を展開しなければならない。もちろん、小隊長分隊は麾下の部隊を150m以内に収めていなければ小隊が有効に機能しない。回復するときは、右クリックの全回復はせずに、移動可能状態に回復するまで左クリック回復を行い、、移動可能になったら(まだ抑圧が残っていても)次の移動不能状態の分隊に移り、小隊長の回復命令を温存する、という小ワザを使って部隊を回復、展開する。

 多方向から橋を遠巻きにしたところでMG42が見えたので、すかさずNor閣下がナイスな砲撃をたたき込み、目を回したMG42に一気に接近、射撃を受けたMG42は空挺歩兵と同一ヘクスに退却してくる!
 すかさずAlt + Mを押して白兵戦を発動させ、これを壊滅させる。もしかしてオンライン戦初の白兵戦じゃないかしら♪

 引き続いて橋とその上下流で一気に2ヶ小隊を渡河させ、まずは被包囲下の英軍と手をつなぐことに成功する。この時点で包囲下の部隊は5部隊まで減少し、ちょびっとだけ怨嗟の声が聞こえたような、聞こえなかったような。


【中盤】
 この時点で英兵の血を一番吸っていたヴァンパイアは間違いなくSufiyさんの指揮するAB41である。「そろそろあいつをやりましょう」の閣下の声を受け、装甲車の攻略にとりかかる。

 まずは重機関銃が全力射撃、さらに軽機関銃2丁が全力射撃をして、多数の命中弾を叩き込む。続いて" God save the Queen! "の叫びと共に2ヶ空挺分隊がAB41に取り付き(臨機射撃はなかった)梱包爆薬攻撃を4連発!…しかし外れる。
 さらに、近接強襲!も2連発!…しかし外れる。
 おまけにこのAB41は敵ターン終了時に潰走してしまい、その1ターン後には復活して戻ってきたのであった。全然意味無いじゃん…


【終盤】
 AB41を仕留め損なったので前進を諦め、橋の防衛に取りかかる。橋右岸の道路両脇の建物に重機関銃を据え、体勢Defendにする。この2人のゴールキーパーがいる間は、歩兵は突破不能だろう。AB41の特攻がもちろん予測されるので、歩兵分隊が煙幕の中で体勢Defendで道路を塞ぐことにする。地味に工兵スキルをもっていたので、地雷を埋めるように設定してみた。この人達、地雷を抱えて空挺降下したのだろうか…。

 果たしてAB41は突撃してきた。地雷にはかからなかったが、近接攻撃の爆薬がAB41を仕留め、我々はなんとか生き延びたのであった。


【感想】
 なんと言っても今回の功労者は南北VHを制圧してこれを確保した、まんだりん少尉ですね。彼の重機関銃は実にすばらしい働きをしたし、パスファインダー分隊は82mm迫を1門つぶすという大戦果を挙げました。改めて大感謝です。

 えと、あ〜、んん、閣下は、ナイスな砲撃でした(汗)。最後まで生き残ったのは迫撃砲とA0司令部と、増援の1分隊だけですか。たとえ包囲下にあっても、積極的に攻撃していくのが閣下らしかったなぁ…。
 いえいえいえいえ、被包囲下の部隊が頑張ってイタリア兵を引き留めていたので、左岸の英軍は一発も撃たれることなく渡河に成功したのですから、これは非常にありがたかったです。というのも、渡河中に退却しようとして退却先がwaterヘクスだったりすると、その分隊は全員溺死するという恐怖のルールがあるのですから…。

 最後に、このような実にすばらしいシナリオを制作されたサト様に重ねて感謝申し上げます。中盤の攻防、増援の降下、被包囲下の部隊の救出、実にドラマチックでエキサイティングでした。今度は独軍側でプレイしてみたいですね。

 ということで、観戦武官のdomo氏によると、私と閣下が組んでもなんか「しっくりこない」様だったとのこと。やはり、私と閣下は敵同士でなければいけない運命なのかしら。まさに武田信玄と上杉謙信、いやいや…(略)
 
ImageImageImageImageImageImage

User avatar
まんだりん
一等兵
一等兵
Posts: 29
Joined: 2004.Feb.21(Sat) 08:00
Location: ドイツ?

Post by まんだりん » 2005.Dec.11(Sun) 10:05

公式戦初参加のまんだりんです。ボイスチャット用にマイクも準備して参加しましたが
ボイスチャット良いですね :D
砲撃支援を出すところなんか本当の戦場っぽくて楽しかったです。

私が担当したのは、皮の右側におちた歩兵小隊1個(C小隊)と重機関銃小隊、増援でやってくるJ小隊でした。

【序盤】
テストでやったときと比べて若干マップの上気味に落っこちて閣下と二人で途方にくれました。あとCCオンであることを最初は忘れており、抑圧除去と目標設定ができずに3ターンまでは小隊として機能せずでした。

そうこうしているうちに連絡が取れずに動けないC小隊の2分隊が壊滅してしまいました。

この時期に総力を挙げてこられてると閣下も私も全滅してたんじゃないかな。HMGも頑張ってましたが適切な砲撃支援および1個小隊以上が一気にこられると厳しいですし。徐々に圧力がふえて、仲間が一人、また一人と消えていくのは結構士気にひびきますね :D

あとCCの縛りが無い潜入部隊は、偵察中に迫撃砲を一門潰すという殊勲をあげました。あとで聞くとこいつの排除のために、1個小隊ほどの独軍歩兵を拘置できたとのこと。CCオンだと無理やりもどったら指揮官と連絡が取れなくなり目標を変えれなくなり動けなくなるってよくありますしね。

【中盤】
ユン赤いキョーカン様が橋をわたってから状況が一変しました。
明らかにわれわれに圧力をかけていたイタリア軍がユン様の方面に転進。独軍もちょっかいをかけにこなくなりほっと一息といったところ。

上のVH付近に3ターンに渡って援護砲撃と煙幕を張ってもらい、上と下のVHに対して突撃!!!!8ターンだったでしょうか(ターン数うろ覚えです)
敵の反撃も無く無事確保して、そこの防衛にはいりまいした。

【終盤】
ほとんど臨機射撃や見えてる敵を撃つぐらいしかなかったのです。北側のVHは守ってる部隊が潰走状態になるというピンチに陥りましたが踏ん張ってくれて何とか死守。
最後の枢軸側の突撃では、ユン様が突っ込んできた装甲車を撃破するという今回のMVPを決定づけた活躍を見せて終了。

【感想】
普段CCはオフにしてるので非常に厳しかったです。でも、CCオンのほうが面白いですよね。連絡が切れて動けない部隊が出たり、命令ポイントが切れて抑圧減らせなくなったり。

今回は普段激しく戦われているライバル同士(?)が手を組んだチームに入ることができたおかげで勝利側陣営となりました。チャット中でも色々勉強になることがあり非常に有意義な時間でした。

User avatar
Sufiy
特務曹長
特務曹長
Posts: 228
Joined: 2004.Feb.12(Thu) 12:57
Location:

Post by Sufiy » 2005.Dec.11(Sun) 11:28

Anzさん、HAMAさんと共に独伊軍を指揮しました。
私の担当はイタリア軍守備隊。
巷ではヘタリアなどと言われているあのイタリア軍です。
砂漠の真ん中でパスタを食べてる噂のイタリア軍です。
士気経験がえらい低いイタr(以下略

しかし今回は優遇されてるという噂。
プログラム内部での優遇処置に加えて、橋の守備隊にはRecon属性が付いている!
まぁ、前者はともかく、後者には期待して良いんじゃないのか?!

<作戦>
さて、独伊軍の作戦は、早期に北岸の英軍を殲滅し、その後南岸から渡ってくる部隊に備えるというものでした。数の優位を活かして南岸と北岸の部隊を各個撃破出来れば、勝利は確実なものになる・・・よね?
そこで、北岸の守備隊は装甲車を活かして積極的に圧力をかけていく感じで。
南岸はMG42を使って遅滞作戦。
南岸のスナイパーは迫撃砲を狙って襲ってみる。

<序盤>
南岸のMGは位置がばれてるので、西側に位置を変える・・・が、いまいち位置取りに自信が無くてちょっと動かしてみる。すると、歩兵に見つかり臨機を食らう。6hexでも見つかるのか・・・orz
結局、ここで見られたのが原因で、南岸の部隊は簡単に全滅。全然遅滞出来てないじゃん!

北岸の守備隊はひとまとめにして、装甲車を中核に積極的に攻撃に出る。
ここで、我らが盟友独軍が北から圧力をかければ、英軍は殲滅される・・・はずだったが、独軍の降下位置遠Σ
そして近づいてきた部隊のうち、1個小隊は潜入部隊への対処でほとんど無力化されている・・・。C&Cおそろしい・・・。

<中盤>
南岸のイタリア軍があっさりと全滅したため、無傷で北岸に渡ってきた英軍に対処するため、南寄りに配置転換。北岸の英軍は濃い煙幕に包まれているので、装甲車が使いにくくなってるしね・・・。
南岸から来た部隊には装甲車で多少の打撃を与えるが、迫撃砲でねらい撃ちにされる。
このままでは不味いと、西のもっと開けた場所に装甲車を移動させるが、ついてこられた歩兵は1個分隊のみ。他の部隊は抑圧で固まってしまった・・・。

<終盤>
歩兵の支援を失った装甲車は、歩兵にたこ殴りにされる。
幸い撃破は免れ、抑圧から回復して戦列に復帰したが、既に11ターン。
最終ターンで橋のVHに突撃するも、歩兵の爆薬に吹き飛ばされ爆散(涙

スナイパーは、迎撃に来た歩兵分隊に怯えながらも、終始迫撃砲にヒットアンドアウェイをかけ、最後には橋南側のVHに特攻するが、歩兵に撃退され消滅。

結局、イタリア軍で生き残ったのは歩兵1個分隊のみだった・・・。

途中、Anzさんに北東VHの守備より、南に出て迫撃砲の護衛に付くように進言。煙幕が張れて、MGに蜂の巣にされるのを防ぐためと、南から来た英軍に迫撃砲を潰されるのを防ぐ目的だったのですが・・・、英の感想を読むと、かえって裏目に出ていたようで、申し訳ないorz

↓のように敢闘賞を頂きましたが・・・、南岸のMGの消滅といい、↑といい、一番足引っ張ってたんじゃないのか疑惑。
何はともあれ、マップ作成のsato師匠と参加者&観戦者の皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m
マンマのパスタは最高さ!
ImageImageImageImage

User avatar
apricot
上等兵
上等兵
Posts: 51
Joined: 2005.Oct.06(Thu) 07:36
Location: じゃーまにー

Re: 第二回公式戦の結果

Post by apricot » 2005.Dec.11(Sun) 11:54

 どぉもみなさんおつかれさまでしたー。


 わたくしの担当の部隊は橋の北東と北西(MAPの右下と右上)にまんべん
なく展開してのスタートでした。

 序盤こそは橋の北東に展開した英軍を伊軍の活躍もあって順調に削っていけ
ましたが、HMGとLMGにとにかく頑強に抵抗されそこを無理に掃討しよう
と突っこんで消耗したりで、結局最後まで駆逐できずじまい。
 そこへ増援も加わって以降北東の部隊は表示はReadyでも実情は釘付けで何
もできなかったのでした。

 北西の部隊は二手に分けて、ひとつは北西のVHを守りにいかせもう片方は
伊軍の援護に回りました。
 伊軍の援護にまわした方はそこそこの活躍はしたものの(どこへ動けばいい
のかわからずじっとしてたら、たまたま敵が射程内に入ってきただけ)、VH
の守備の方は位置取りが悪かったようで効率的な射撃ができなかったり砲撃を
もろにくらったりとさっぱり精彩を欠いとりました。

 といった感じで、序盤はまあまあ。それ以降はおのれのへたくそさをひたす
ら露呈するだけになってしまいました(- -;ゞ
 相互監視ができず3HEXの距離でも敵が見えずに一方的に撃たれまくっ
たり、降下直後の抑圧をRallyするの忘れてMGがやたら遠くまで逃げたあげく
うっかり移動させるのを忘れて序盤の北東英軍つぶしに参加できなかったり、
命令ポイントを使えば範囲外移動できるのを忘れてたりと、基礎的なミスもや
たら多かったです(汗)。


 とはいえ、風変わりなシナリオでかつ3vs3ということで、未熟なわたし
はおろおろしながらも楽しい時間を過ごさせていただきました。
シナリオ作成された方も含め、参加者のみなさんに感謝したいと思います
o(_ _)o

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

従軍カメラマンとしての旅立ち

Post by domo » 2005.Dec.12(Mon) 00:19

年末のクソ忙しい時期にもかかわらず、二日間の休みまで取り、大会にのぞんのですが、夕食を終えてちょっとコタツで休んだのが運の尽きでありました。

寝ぼけた状態で時計に目をやると、10時30分!!
しかしここは、慌てない。だいたい、いつも始まりが遅いだろうとタカをくくっていたら
、チャットはなにやら人でごった返しているではないか。

仕方なく今回はボイスチャットで、その雰囲気だけでも感じ、擬似体験と妄想で我慢しようと泣く泣く観戦したのでありました。

私がボイスチャットに入ったのが、4ターン。
イギリス側にはサトさんがすでに、傍聴体制になっており、その動向を伺っている。
サトさんは時折、ボソッ(本当にボソッと)となにやら質問してくる以外は、極めて静観している。
ところがこの私目は、横からやってきては、意味もない質問をガンガン投げつけるわ、無駄な質問はガンガンするわ、ましては閣下をおちょくるおちょくる。
本当にすいません。私、こういう人間なんです。
(閣下〜いつも寛大なんですよね〜さすがだなぁ)

そんなこんなでイギリス側は実況をしてくれたおかげか、士気も盛り上がりつつあると実感、しばしドイツ側に行ってみる。
ところがこれがまた対照的で、なにやら静まりかえっている。
Sufiy氏がマイクを使えないこともあるが、どうも何かがおもわしくない。
4ターン時において、両軍とも同じように「押されてます」「厳しい」と言っているのも、対戦のおもしろいところでもあるわけです。

大会の盛り上がりは、リアルCC(3人のプレイヤー)による作戦の徹底、士気の鼓舞、連携、責任のなすりつけなど様々な要素があります。
ですからベテラン、初心者が混じった方が、一層面白くなり、大会としての意義があるように思えます。

今回、ボイチャで観戦してみて思ったことは、僕はこういう横からグチャグチャ言うタイプなんだということ。
これはものすごい自己発見でありました。
閣下!ありがとうございました。閣下は私にこのことをわかって欲しかったんですね。
今後も一層従軍カメラマンをして皆様のお役に立てられるようがんばります!!

User avatar
sato
マップ将校
Posts: 438
Joined: 2004.Feb.12(Thu) 14:24
Location: 赤軍ソビエト?
Contact:

皆さん、お疲れさまでした。

Post by sato » 2005.Dec.12(Mon) 01:24

多数の皆さんにお集まりいただきありがとうございました。
また、楽しんでいただけたようで、とてもうれしく思います。
正直言いますと、ほっとしています。 :wink:

機会がありましたら、またシナリオのオンライン用改造をやってみようと思います。
その折には、皆様、懲りずにお付き合いくださいませ。:salut

サト

Post Reply