<おしらせ1>
またまた、いつの間にか掲示板がダウンしていたようですね。ログを見ると、およそ2年半ぶりの改修です。
この間、何度かメールでご要望があったようですが、この度ようやく重い腰を上げて掲示板を修復いたしました。
管理不行き届きで申し訳ありません。

<おしらせ2>
サイト管理を楽にするために体裁を変更しています。
本サイトのメインコンテンツであったSPWAWの解説記事は以下からアクセス可能です。
SPWAW解説記事一覧


<5分で調べたSPWAW界の近況>

びっくりしたことーその1「Depot リニューアル」
SPWAW界を長年牽引してきた世界最大のファンサイトSPWAW DEPOTが、昨年の4月に閉鎖、13年の歴史に幕を下ろしたようです。
と同時にDepotメンバーの一人 Falconさんが新たなサイトSPWAW DEPOTを立ち上げたようですね(笑)。
まあ、中心メンバーが入れ替わって、こじんまりした感はありますが、実質的にはリニューアルって感じですかね。
旧DEPOTの遺産は相続されているようで、今後ともがんばって欲しいところです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawdepot/

びっくりしたことーその2「砲撃要請画面ラグ解消」
マルチコアCPUが普及した頃でしょうか、ある程度以上のスペックのPCでは、砲撃要請画面で挙動がおかしくなる不具合がありましたね。
それが原因でSPWAWを離れた・・という方もおられたような記憶がありますが、どうやらこの不具合、ついに修正されたようです。
これもDEPOTメンバーのおかげみたいですね。Matrix Games 公認(というか黙認ですね)のもと 、本体ファイル MECH.EXE をいじることに成功したようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... -t277.html


というわけで、この機会にもう一度SPWAWをやってみようかな、と思われた方は次のリンクからダウンロードをどうぞ。
DEPOTで全てのファイルのホスティングも始めたようです。
https://www.tapatalk.com/groups/spwawde ... es-t6.html

12月度公式戦のお知らせ

日本鋼豹司令部杯の告知・結果など
Post Reply
User avatar
Nor
大佐
大佐
Posts: 783
Joined: 2004.Feb.08(Sun) 05:09
Location: 日本

12月度公式戦のお知らせ

Post by Nor » 2005.Dec.05(Mon) 15:01

何かと忙しい師走ですが、以下の通り第二回公式戦を開催します。
日々の対戦は小規模な1vs1戦がメインになりつつあるようなので、たまには大勢でチームプレイを楽しみましょう!ということで、興味のある方はふるってご参加下さい。

開始予定時刻 12月10日(土)夜9時
対戦国籍 英vs独
募集人数 英3人+独3人=計6人
所要時間 3時間程度

使用するシナリオは、独英の空挺部隊が戦うデフォルトシナリオ36番の"Meeting of Devils #1" をオンライン用に若干修正したものになる予定です。シナリオ修正はサトさんがやってくれるということなので、続報を待つ!

***********************
悪魔たちの遭遇(A MEETING OF DEVILS)
パート1

遭遇戦:英 vs 独・伊
イタリア、カタニア
1943年7月13日1200時
ターン:12
サイズ:中
推定プレイ時間:2時間
Design: Wild Bill Wilder
bwilder@bellsouth.net

<プレイヤー・ノート>
 とても変わったシナリオです。両陣営でプレイできますが、英軍側プレイを推奨します。
 状況を理解するには歴史的背景を読んで下さい。両陣営の空挺部隊は暗闇の中同時に降下し、多大な混乱を巻き起こします。両陣営が地上部隊や装甲部隊を投入する翌日まで戦闘は続くことになりますが、その部分は続編の"A Meeting of Devils, Part Two."で描かれています。

<歴史的背景>
 シシリー島の北東に位置する重要拠点メッシーナの港に向けて、米英両軍は島の両側から迫っていた。米軍の行動距離は長く、英軍はより強固な抵抗に遭遇していた。部隊を速やかに前進させるため、モントゴメリーは第1パラシュート旅団を投入した。旅団はシメト川北方に夜間降下し、カタニアに続く橋梁を確保することになったが、その橋梁はドイツ軍とイタリア軍による混成部隊が守備していた。

 このとき、第1降下猟兵師団を乗せたJu-52輸送機がこのエリアに飛来してきた。シュトゥデント将軍は連合軍部隊のまっただ中に大規模な空挺降下を行うことを希望したが、ヒトラーはこれを拒否した。いまだにクレタ島での消耗が将軍に重くのしかかっていたのだ。こうして、両軍が空挺部隊を同じ日の同じ地域に投入するという偶然が生じた。混乱と死で満たされた夜の帳の中、赤い悪魔と緑の悪魔が対決しようとしていた。

 英軍パラシュート部隊は迅速に橋を確保したが、その橋を守るため同時刻・同地域に降下した独軍降下猟兵がすぐ傍に混じっていることに気づいた。両軍は至近距離で激しく衝突し、ドイツ軍装甲部隊が到着して英軍をシメト川の南岸に追い返すまで一晩中凄惨な戦闘が続いた。しかし戦闘はこれで終わらなかった。まもなく英軍の戦車と歩兵が現れ、戦闘は新しい局面を迎えることになる。

<出典>
Drop Zone Sicily, Bruer
Airborne Assault, Quarrie
History of the 2nd World War,
Vol.5,Molony, Editor
US Army in WW2
"The Mediterranean Theater"

User avatar
weide
軍曹
軍曹
Posts: 142
Joined: 2005.Mar.15(Tue) 05:52
Location: ドイツ SS

Post by weide » 2005.Dec.05(Mon) 22:19

参加希望!
 
 
 
「私は他の多くの者よりも運が良かっただけで、兵士としての義務を果たしたに過ぎません。
敵との戦いに全精力を使い、スコアなど数えているような余裕はありませんでした。」 − エルンスト・バルクマン
 
Image

User avatar
apricot
上等兵
上等兵
Posts: 51
Joined: 2005.Oct.06(Thu) 07:36
Location: じゃーまにー

Re: 12月度公式戦のお知らせ

Post by apricot » 2005.Dec.05(Mon) 22:56

 わたくしも時間があえばぜひに。

 今度こそ勝てるかなー。ポカしないですむかなー。

Che
一等兵
一等兵
Posts: 23
Joined: 2005.Oct.31(Mon) 00:54

Post by Che » 2005.Dec.06(Tue) 00:13

参加希望で〜す!
ImageImage

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

今年最後の対戦

Post by domo » 2005.Dec.07(Wed) 10:01

(最重要の告知が下がっているではないか!!)

すでに何人かの勇士が、次の「ショーグン」の座を狙い、参戦表明をしており、
日々のチャットでの賑わいぶりから見て、今回の公式大会は参戦するのに、
早いもの勝ちになるのが必至かと思われます。

今回の大会には(3vs3)の6人しか参戦できません。これははたから見て思うことは、
「どうせいつものメンバーなんだろうな」
「自分が入れば、足を引っ張るんじゃないだろうか」
「何か賞金でもあれば、参戦してやってもいい」

などなどあるでしょう。

まだこの大会が開かれて、今回が二回目ということもあり、
今後増加の一途をたどるであろうと予想されるSPWAWの日本司令部としても、
どうやって複数の参加者を参戦させるかというのは頭の痛いところであると思います。

そこでもう一組増やし二組にするというのは、どうでしょう。
そんなこといってもどーせ集まらないよと冷たい視線で見られそうですが、
できるできないに拘らず、参戦できる幅をもう少し確保しておくというのは、
今後の課題かと思われます。

その辺のこと、一度検討されることを提案いたします。

(ボイスチャットで見方同士が入り乱れるのかぁ、いいなぁ)

User avatar
sato
マップ将校
Posts: 438
Joined: 2004.Feb.12(Thu) 14:24
Location: 赤軍ソビエト?
Contact:

オンライン用シナリオ Meeting of Devils 1

Post by sato » 2005.Dec.07(Wed) 16:46

<各プレイヤーの担当>
イギリス軍
P1
空挺第2小隊
機関銃班2個(以上0ターンにシメト川北岸に降下)
案内役潜入班1個
増援空挺隊1個小隊(4ターンにシメト川北岸に降下)

P3
空挺第3および第4小隊
機関銃班4個(以上0ターンにシメト川南岸に降下)

P5
司令部部隊
空挺第1小隊
機関銃班1個(以上0ターンにシメト川北岸に降下)
迫撃砲班2個(0ターンにシメト川南岸に降下)
増援空挺隊1個分隊(5ターンにシメト川北岸に降下)

<ドイツ・イタリア軍>
P2
プリモゾーレ橋守備隊6個分隊
重機関銃班1個
オートブリンダ1輌

P4
降下猟兵第2および第3小隊(0ターンにシメト川北岸に降下)

P6
指令部部隊
降下猟兵第1小隊
迫撃砲班3個(以上0ターンにシメト川北岸に降下)


<オンライン用に加工するに当たっての修正点>
1 降下地点および輸送機の進入経路の大幅変更
1ターン目から互いに消耗するのを防ぐため、両軍の降下ポイントに距離を持たせました。
同様の意味で、先攻イギリス軍が回復の終わっていないドイツ軍に対して一方的に攻撃することが
できないよう、指令部ユニットを第3プレイヤーの担当にしました。

2 イギリス軍の潜入部隊を空挺降下するように修正
あらかじめ出現地点が知られていると待ち伏せに遭う可能性があるので、
その問題に対する処置です。

3 一部のユニットに対する修正
ほとんど能力は変化ありません。
オンラインでシナリオを動かした場合に、バグ?が発生しましたので、
それに対応して修正を加えました。
例えば、火炎放射器の弾種がHEではなくAPになったりですとか。
一部おかしなものがまだありますが、大勢には影響ないと考えまして、
そのままにしているものもあります。
また、配置場所を変えたものは、イギリス軍の道案内部隊とドイツ軍のシメト川南岸にいる前哨です。

<各陣営の勝利条件>
イギリス軍
「プリモゾーレ橋を確保してシメト川北岸に橋頭堡を築くこと およびその拡張」
目標:MV勝利

ドイツ・イタリア軍
「イギリス軍がシメト川北岸に橋頭堡を築くのを阻止すること」
目標:Draw

ややイギリス軍優位であるように見受けられますので、上記の通りとしてみました。

<その他>
事前に研究する場合の注意点ですが、
「Timed Play」にてテストしていただくことをお勧めいたします。
「Solitaire Play」にてこのシナリオを立ち上げた場合、
輸送機の進入経路が変わってしまう可能性があります。
ただ、オンラインで実際プレイした場合も、
空挺降下の結果がどうなるか、わたしもわかりません :cool:

皆様に楽しんでいただけるといいのですが・・・ :wink:

ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けくださいませ。

最後に、多大なご助言をいただきましたNor司令官さまに厚く御礼申し上げます。 :salut


※2005 12 10 更新しました。
Attachments
MoD.JPG
MoD.JPG (77.63 KiB) Viewed 4561 times
scen413 MoD1 v.0.2.zip
2005.12.10 v.0.2に更新
(52.69 KiB) Downloaded 200 times
Last edited by sato on 2005.Dec.10(Sat) 11:59, edited 1 time in total.

User avatar
domo
大佐
大佐
Posts: 637
Joined: 2005.Oct.22(Sat) 23:23
Contact:

大会前日を迎えて

Post by domo » 2005.Dec.09(Fri) 03:32

忘年会で忙しい季節となりました。
若くはない指揮官様の方々、体をいたわりつつ乗り越えてほしいと存じます。

さていよいよ今年最後のビッグイベントである恒例の公式大会を明日に控え、
参戦される指揮官諸君にとっては、次期ショーグンの座を虎視眈々と狙っていることと思われます。

この大会に参加する人、できない人、したくない人、しようかどうか迷っている人のためと、大会事前のプレ大会を行うのはどうでしょうか。
(多分みんな乗らないだろうな)

それでも敢えて言います。

3vs3のボイスチャットを使った対戦では、特に楽しいのがボイスチャットによる戦闘前のワイワイガヤガヤ。
前回は閣下も交えた御前会議となり、これまた楽しかった。
ということで、この雰囲気を参戦できない人に伝えるためにも、プレ大会として、
「もし自分が何軍だったら、どういう作戦をたてるか」ということを書いてくだされ。

例えば、「もし私が、イギリス軍だったら、橋の右側に降下した部隊はすぐ側のVHは確保せず、橋の反対側を確保する」とか、
いずれも今回のテーマが橋渡りだと思いますが、それ以外のサプライズも考えられることでしょう。
ネタばれとまではいいませんが、自分のおもっていること、初心者なりに考えていることなど、作戦級のゲームではありませんが、
たまには作戦会議的な盛り上がりも面白いかと思い、提案してみました。

だれか、投稿お願い申し上げます。

多分サトさんが、お答えするでしょう。

User avatar
sato
マップ将校
Posts: 438
Joined: 2004.Feb.12(Thu) 14:24
Location: 赤軍ソビエト?
Contact:

いい提案ですね。

Post by sato » 2005.Dec.09(Fri) 10:25

なるほど。いい提案ですね。
ぜひぜひ、盛り上がってくだされ〜 :cool:


それでですね。
私からもひとつ提案なのですが、
対戦直前に陣営ごとに分かれて作戦会議をするっていうのはどうでしょう?
15〜20分ぐらいをめどに作戦のすりあわせをするという雰囲気なのですが。

よろしくお願いいたします。 :salut

User avatar
sato
マップ将校
Posts: 438
Joined: 2004.Feb.12(Thu) 14:24
Location: 赤軍ソビエト?
Contact:

更新のお知らせ

Post by sato » 2005.Dec.10(Sat) 12:06

v.0.2に更新しました。

イギリス軍の移動目標を元シナリオと同じように設定しました。

それから、ひとつ修正されていない不具合があります。
浮動照準が使えない場合があります。
使える場合もありますが、確実に使用可能な方法がわかりません。

出来れば、仕様ということでご理解いただければ幸いです。 :wink:

ご指導いただきました、Nor司令官殿、Sufiyショーグン、domoさんに
厚く感謝申し上げます。 :salut

User avatar
weide
軍曹
軍曹
Posts: 142
Joined: 2005.Mar.15(Tue) 05:52
Location: ドイツ SS

Post by weide » 2005.Dec.10(Sat) 19:47

AHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH

すみません、ちょっと急用が発生してしまったので今夜は参戦できません。
申し訳ないです。どなたか私の代わりを・・・
 
 
 
「私は他の多くの者よりも運が良かっただけで、兵士としての義務を果たしたに過ぎません。
敵との戦いに全精力を使い、スコアなど数えているような余裕はありませんでした。」 − エルンスト・バルクマン
 
Image

Post Reply